魚の冷凍保存、期間はどれくらいが良いかな?

SPONSORED LINK

生ものである魚は何よりも鮮度が大切です。

魚介類は野菜とは違って傷みやすいものです。



長時間常温で放置していたりすると、腐り臭いも移りやすい食品であります。

購入後や釣りで釣って来た後には、すぐに冷蔵したり、

下ごしらえをしてから冷凍保存するのが良いと言われています。

日頃、仕事や家事をしながら魚料理については悩まれる方も多いと思います。

そこで、いかにして美味しく冷凍保存すればよいのかをご紹介します。

 


冷凍する利点(便利さ)

冷凍することにより新鮮なお魚を約1ヶ月ほど長期的に保存することが可能です。

2〜3日で料理したり食べる予定があれば冷蔵庫での保存で十分です。

しかし他の食品に匂いが移らないように、

ラップをしてチルド室かパーシャル室に入れておくのが良いです。

冷蔵庫に入れているからと言って安心は禁物です。

美味しく安全に食べるには、何よりも早めに食べることを心がけて下さい。


美味しい冷凍方法・コツ

冷凍保存をする際にはちょっとしたコツがありますので是非覚えておいて下さい。

まれに食品トレーのまま冷凍してしまう方がおられますが、これはNGです。

美味しく冷凍するには、急激に冷やすことが大切です。

トレーのままでは凍るのに時間がかかってしまいます。

そして解凍する時に旨味や栄養の入った汁が出て、

旨味が逃げだしてしまいます。

冷凍時には魚から出る余分な水分を、

ペーパータオルで十分に水気を取っておいて下さい。

乾燥や酸化しないようにラップをしてから、

ジッパー付きの保存バッグに入れておきます。

保存バックには魚の名前や保存日をマジックで書いておきましょう。

冷凍したことを忘れないようにしてあげてください。

アルミやステンレス製のトレイに並べて冷凍することも効果的です。

金属は熱伝導がとても良く早く冷凍することが出来ます。

美味しさの秘訣は急速に冷凍することですので、忘れずに!!

また、切り身魚などは調理をして加熱したり、

下味を付けてから凍らせることによって、保存効果が高まります。

あまり知られていませんが

鮎やサンマは焼いておいてから冷凍した方が、

美味しく保存することができます。

塩焼きにして焼いておくことで水分が抜けて、美味しさを保ったまま保存できます。

ぜひ試してみて下さい。


賞味期限の目安

家庭用の冷蔵庫で冷凍保存した場合には、2〜3週間が日持ちする目安です。

これ以上保存した場合も食べられないことはありませんが、

美味しさや風味が低下してしまいます。

また極端に色が変わってしまった場合等は、やめておいた方がいいです。

また匂いを嗅ぐことも大切な目安で、

もし調理中にいつもとは違った匂いがしたらやめておいて下さい。

家庭用の冷蔵庫ではまれに温度があまり低くならないものや、

霜取りのために一日の温度が上下するものがあります。

冷凍してあるからといって、過度に安心してしまうのは要注意です。

何よりも目で見て、触って、匂いを嗅いで確かめてみることが大切です

スポンサードリンク

美味しい解凍方法・コツ

解凍は冷凍の時とは違って、今度はゆっくりと解凍することが大切です。

急激な温度変化は旨味成分が逃げてしまうドリップが出やすくなりますので、

注意してください。

調理する前の晩に冷凍庫から冷蔵庫に移して置くだけで十分です。

もし、急な来客など十分に解凍させる時間がないという場合もあると思います。

そんな時も大丈夫です。

電子レンジを使って解凍することもできます

100g30秒くらいを目安に、短めにセットして解凍させて下さい

また魚をポリ袋やジップロックなどに入れて水に浸す方法もあります。

この場合には魚に水がかかることがないように気を付けて下さい。

水で浸した場合には15分〜20分で解凍させることができます

ぜひみなさんも色々な方法を試してみて下さい♪

 

マグロの解凍方法と切り方動画(プロ料理人レシピ)お魚のお刺身

 



どのような方法でも美味しく食べてもらえたら嬉しいものですよね。

節約のためにも安い時に買って、食べたい時まで冷凍保存しておくというのは、

とても良い方法ですね。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です