こどもの日の由来は?食べさせてあげたい行事食をご紹介

SPONSORED LINK

こどもの日は5月5日のことで、古くから端午の節句と呼ばれ男の子の健やかな成長を祈願する行事の日でした。

こどもの日に男の子のいる家庭では鯉のぼりや五月人形を飾る風習があります。

さて、こどもの日の由来とは何でしょうか?

また子どもさんに食べさせてあげたい行事食をご紹介いたします!

スポンサードリンク

子どもの日の由来は?

こどもの日は端午の節句と呼ばれ、中国東周時代の政治家を供養するために始まり、三国志の時代に日本へ伝わったとされています。

古くから端午の節句は邪気を祓うために、菖蒲やヨモギを軒にさす風習がありました。

この風習がいまでは、柏餅を食べたり、菖蒲湯を立てたりすることに変化しています。

江戸時代から端午の節句は行われており、武家では甲冑や幟(のぼり)を飾っていました。

それが町人にも広がり、こどもの日には兜や刀等を飾り、軒先にはこいのぼりを立てるようになったと言われているのです。

こども達の中でも、こどもの日は大好きな行事の中の一つで、とても人気があります!

行事食を教えて

こどもの日には「柏餅(かしわもち)」を食べる風習があります。

端午の節句に柏餅を食べるようになったのは江戸時代からと言われており、



柏の葉は新芽が出ないと古い葉が落ちないため、家系が途絶えないという縁起担ぎからきています。



こちらの動画をご覧下さい↓

こどもの日の柏餅 Boys Festival dolls



中国から渡ってきたと言われる粽(ちまき)もこどもの日に食べられる行事食であります。



粽は元々中国にいた政治家の命日を弔うために作られていたもの



ですが、その日がちょうど5月5日に重なることから、日本のこどもの日でも食べられる様になりました。

中国、韓国でもこどもの日ってある?

中国にもこどもの日がありまして、日にちはちょっと変わって中国の子どもの日は「6月1日」です。

中国のこどもの日は三大伝統節句ともされ、仕事が三連休になるほど、重要な行事と考えられています。

なんと韓国と日本と子どもの日は同じで「5月5日」なんです!

韓国のこどもの日は、男も女も関係なく全員が主役で、祭や食事会が行われ賑やかな日になるとのことで、日本とよく似ていますね!

スポンサードリンク

まとめ


こどもの日は「端午の節句」と呼ばれていますが、



端午の節句とは元々中国発祥の厄払い行事でした。



「端」とは初めをさす意味で、「端午」は月の初めの午の日で、5月を示しています。

5と5が重なることを「重五」の日でもあり、縁起や良いとされています。

5月の初めは雨期を迎える時期でもあることから、病気や災厄のお祓いに大事な行事でありました。

昔は雨期になると疫病が流行ったり、作物がだめになることがあり恐れられる節目でもあったためです。

日本の中でも子どもを元気よく育てるということは、とても大事なことであり、子どもの日はそれを願う為の大切な行事であります。

一つ一つの行事を大切に行って行きたいものですね!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です