5月病の症状と知っておくべき治し方

SPONSORED LINK

新しい年が始まり、学校生活が新しく始まる方、新しく仕事を始められた方などこの春からは、今までと違った環境で新生活をスタートされる方も多いことでしょう。

スタートは良くても5月に入り、物事が落ち着いてくると5月病になる方がいるものです。

そこで五月病の症状や治し方をご紹介したいと思います!


 

5月病とは?

5月病は正式な病名等ではなく病気ではありません。

ゴールデンウィークを過ぎた当りから表れる症状で、仕事や学業に対してやる気が出なかったり、ちょっとしたことで休みがちになってしまったりします。

うつ的な状態になり何も手につかなかったりします。

大学に入ってすぐの学生や、新入社員がなることが多いとされています。

心身の疲れや過度なストレスが気がつかないうちに溜まっているもので、丁度慣れてきた5月頃にその疲れがどっと出てきて起こるものです。

主な原因としては、人間関係がうまく行かなかったり、体力的に身体がついていかなかったりする場合に多いようです。

放置しておくとうつ病に発展してしまうと言われており、早めに対処しておくことが大切ですね!

ゴールデンウィーク中の穴場スポットはこちら↓

ゴールデンウィーク2015北陸の穴場スポットはどこ?

ゴールデンウィーク2015 日帰りで楽しむ東海地方の穴場スポットはココ!

ゴールデンウィーク2015デートで行きたい関西の穴場スポット

ゴールデンウィーク2015家族で行きたい関東の穴場スポットは?

代表的な症状

食欲が無くなったり、やる気が無くなってきます。

また気分が落ち込み、疲れやすく物事がスムーズに行かないと感じてきます。

体調不良になる方もいて、五月病の時期に風邪を引いてそのまま休みがちになってしまう方もおられますので、要注意です!!

五月病になりやすい方は真面目で仕事や学業に対して人一倍取り組んでおり、手を抜かないようなタイプの方が危ないと言われてます。

物事に対して努力してもなかなか結果がでないと感じて無気力状態になってしまうことがあるので、ストレスを溜めないように心がけて下さい!

スポンサードリンク

治し方

まずはこちらの動画をご覧下さい↓

前鋸筋のセルフ整体「5月病をふきとばせ!!〜連日満員電車で戦うあなた



五月病はほおっておくと不眠症になったり、症状が悪化してうつ病になってしまうことがあります。

日頃からストレスを溜めないようにすることが大切で、休日は十分にリフレッシュできるように身体を休めたり、自分の好きな趣味に時間を使うなどすることで気分転換を図ってください。

また生活習慣の乱れも影響を及ぼしますので、栄養バランスを考えた食事を取り、適度に身体を動かして運動することも大切な予防法の一つです。

まとめ

五月病の対処法を行っても全然体調が良くならなかったり、改善されない場合には一度病院を受診してみて下さい。

睡眠を十分にとっているのに悩みや疲れが消えない状態が一ヶ月以上続く場合には、適応障害や軽度のうつ病になっている場合があります。

早めに気付いて相談してみることが、あたなの身体の為にも大切なことですね!

怖がらずに一歩を踏み出して下さい!

また新入社員に限らず、長年勤めてきた人でも部署の異動や、周りの人のメンバーの交代などでも、5月病になる方が多くいます。

他人事だと安心せずに、気軽に相談する相手を見つけておく事は、いつくになっても大切なことですので、ストレスを貯めないように、1人で抱え込まないようにして下さいね!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です