土用の丑の日2015今年はいつ?うなぎを食べる由来とは

SPONSORED LINK

丑の日とは何なのか疑問に思う方も多いはずです。

今年の丑の日はいつなのか?うなぎを食べる由来は、どこから来たのかご説明したいと思います!


土用の丑の日 今年はいつ?

2015年の丑の日は「7月24日」と「8月5日」になります。



土用とは季節を意味していまして四立である立春・立夏・立秋・立冬の前の18日間のことをいいます。



この中でも「丑の日」と呼ばれる土用は立秋である8月5日にあたるわけです。

また丑の日とは十二支の「子、丑、虎、兎」の丑のことです。

土用の期間は18日間あり、この期間の中で12周期割り当てられる丑の日が「土用の丑の日」となるわけです。

特にイメージとしては夏の丑の日を「土用の丑の日」と考えられていることが一般的になっています。

どうしてウナギを食べるの?

丑の日にちなんで、ひらがなの「う」から始まる食べ物を食べると夏負けしないという風習がありました。

これに名乗りをあげたのがうなぎ屋で土用の丑の日にはうなぎを食べて力を付けるというイメージが定着していきました。

万葉集の中でも、うなぎを食べる習慣が詠まれており、日本の暑い夏を乗り切るための栄養価の高い食事と考えられてきました。

土用の日は季節ごとにありまして、春夏秋冬の4回ありますが、うなぎを食べるのはこの夏の丑の日のことをいいます。

ですが本来うなぎの旬は冬です。夏には売れなかったうなぎを人気にするため、夏バテ防止として食べられているわけですね!

スポンサードリンク


こちらの動画をご覧下さい↓

「ウナギで元気つけたい」土用の丑の日各地で客続々


平賀源内との関係は?

江戸時代に活躍した平賀源内は学者、研究者、医者であり。

当時は天才と呼ばれ日本のダビンチと言われた方です。

うなぎ屋が売れないで困っていると、平賀源内が「本日丑の日」という張り紙を貼って宣伝すればよいというアドバイスを行いました。

これを言う通りに行ったうなぎ屋がその後大繁盛したそうで、夏にうなぎを食べるきっかけになったのは平賀源内のおかげだとも言われています。

まとめ

鰻にはビタミンA・B郡が豊富に含まれているため、夏バテ防止や食欲減退防止の効果が期待できます。

ただ鰻の旬は本来冬であるため、秋から冬に食べる鰻は絶品とされています。

またビタミンAにはがん細胞の分裂を抑えたり、のどの粘膜を健康に保つ働きがあります。

丑の日だけでなく食べると健康になれる食べ物の一つですね!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です