若くても安心できない!若年性更年期障害の症状と試すべき3つの対策

SPONSORED LINK

最近は若い女性でも更年期障害の症状が出ている方が増えています。

更年期障害は50代前後に発症すると思われがちではありますが、20代〜30代の若年の方でも更年期障害の症状を引き起こしてしまう場合があるのです。

若くても安心できない、若年性更年期障害について症状や3つの対策をご紹介したいと思います!


 

若年性更年期障害とは

更年期障害は50歳前後に起こる症状で、ホルモンのバランスが崩れることで自律神経の働きが乱れたり、生理が不順になったりするものです。

最近では20代などの若い女性でも更年期障害と同じような症状になる方が増えており、これを「若年性更年期障害」と呼んでいます。

生理が不順になったり、月経が無くなったり、身体のあちこちにいつもとは違った症状が表れてきます。

ストレスや無理なダイエット、不規則な生活が原因となる場合もあり、卵巣の働きが低下することで、ホルモンの分泌も少なくなってしまいます。

症状

若年性更年期障害の主な症状としては、顔がほてる、気分が憂鬱になる、手足が冷えたりしびれる、やる気が起きない、イライラする、動悸や息切れ、めまいなどが起こります。

いままで起伏が激しくない方が、起こったり泣き出したりするようになったりしたら要注意かもしれません。

うつ状態になり仕事にいけなくなったり、人によって症状はさまざまです。


  • 肉体的症状
のぼせることが多くなる

手足が冷えやすい

だるさや疲労感が続く

めまいや頭痛、吐き気がある

眠れずに不眠状態である




  • 精神的症状
イライラして、些細なことでも怒ってしまう

不安になり憂鬱な気持ちになる

気持ちが落ち込み、やる気が起きない



このような症状が出ていれば、早めに産婦人科で相談すると良いでしょう!

スポンサードリンク

3つの対策


  • 有酸素運動を行う
女性ホルモンのエストロゲンが低下することによって更年期障害の症状が出てしまうため、有酸素運動を行って身体の中を活性化させることが大切です。




  • バランスの取れた食生活
ホルモンの産生を促す栄養素として、かぼちゃやアーモンド、ゴマに含まれる「ビタミンE」、魚介類のマグロやカツオなどに含まれる「ビタミンB6」が重要とされています。

また野菜や果物もバランス良く身体の中に取り入れることが大切で、ダイエットによって栄養バランスが崩れている女性が多いのが現状なので気を付けて下さい!




  • 休みの日にはしっかりとリフレッシュ
ストレスを解消して心の中を安定させるようにすることが大切です。

一つのことが気になり、落ち込んで夜も眠れなくなったり、イライラしたりする原因ともなってしまいますので、休みの日にはゆっくり休んでください。

どこかに出掛けてリフレッシュすると一層よいですね!


まとめ

若年性更年期障害を防ぐ為には「よく食べて、よく寝て、よく遊ぶ」ことが大切です。症状が慢性化すると、さなざまな病気に発展してしまうこともありますし、不妊症の原因ともなってしまいます。

症状には個人差がありますので、仕事で忙しいと気がつかなかったり、つらくなっても我慢してしまう方が多いものです。

無理をせずに早めに産婦人科等の専門家に相談することをおすすめします。

家庭や仕事面でもストレスが原因となっていないかもう一度考えて、一度休暇を取ってみることも大切です。

身体の調子は一度崩れると、慢性化しやすいものですので、しっかりと治すようにして下さいね!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です