気になる厄年での出産 厄払いになるって本当?

SPONSORED LINK

厄年には何かと不運なことが起きるとされ心配になる方は多いのではないでしょうか?

厄年の時に、出産が重なると何か良くない事が起こると思われがちですが、厄払いになると言われることがあります。

そんな話しが本当にあるのか調べてみたいと思います。


出産と厄年の関係

厄年で結婚される方がいるように、厄年で妊娠や出産を迎えても何の問題もありません。

厄年で出産された子ども全部に影響があるのであれば、これは社会現象になってしまうでしょう。

出産というものは何かと心配になるものですが、厄年で不安に思う方は神社へ行き、厄払いをしたり厄よけをされるのが良いでしょう。

こちらの動画が参考になります↓

 



女性の厄年は19歳・33歳・37歳に当たります。

この年齢はちょうど出産が重なる頃でもあり、この時期に出産をされる方は実際のところ実に多いものです。

男の子の場合

厄年の女性が出産をすると厄払いになるという言い伝えがあります。

女性が厄年で出産することには「災いを転じて福となす」という意味があり、目出度いことになるのだそうです。

地方によっても言い伝えに違いがありまして、厄払いになるのは男の子が産まれた時だけど考える地方もあるようです。

実際のところは出産が重なっても不幸になることはありません。

心の持ちようが大切で、縁起のよくないことが起きたらどうしようなどと落ち込まないようにして下さい。

スポンサードリンク

女の子の場合

その昔は子捨ての儀式と呼ばれる恐ろしい儀式があったそうで、女性の大厄に産まれた子を捨てる風習があったそうです。

ですが女の子の赤ちゃんが産まれたからといって縁起が悪いなんて根拠は何にもありません。

根拠のない噂話を信じて可愛いあなたの子どもを酷い目に合わせることはあってはなりませんし、愛情の気持ちが揺らぐこともあってはなりません。

男の子が産まれても女の子が産まれても、あたなの愛情や思いが大切ですので、たくさんの愛情を注いであげて下さいね!

まとめ

「今年は厄年だから、大きな病気にかかるかもしれない、何か悪いことが起きるかもしれない」と思って心配される方が多いと思いますが、人間心配事を考え出したらきりがないものです。

また何かにつけ厄年だからという理由で考えるよりも、病気に成らないために一つ一つの生活習慣を見直し、日頃からできることに取り組むいい機会ともなるはずです。

厄年というものは、元気良く生きていくために先人の方々が注意を換気してくれている指標だと考えると、結婚や出産などにも前向きになれると思います!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です