体がだるい?その原因と試してみたい2つの回復方法

SPONSORED LINK

最近、体がだるいと感じることがありますか?

最初は風邪かなとか思われる方もいると思いますが、慢性的に体に倦怠感を感じたり。

病気ではないのに、調子悪いことが続くと感じる方もおられます。

まずはこちらの動画をご覧下さい↓

なぜだか「だるい」ひと必見! ホルモンバランスを乱す「副腎疲労」の正体



早めに病院に行って相談することも大切ですが、精神的な原因や体の疲れや肉体面の原因も考えられます。

おすすめの原因や試して欲しい回復方法をご紹介したいと思います!


体のだるさ 原因は?

①栄養が不足している

食事が十分に取れていないとパワーのもととなる栄養素が足りなくなり、体がだるいと感じることがあります。

ダイエットなどされている方は、栄養バランスが崩れてしまうことがあり、体調面にも良くないことがありますので十分に気を付けて行うと良いでしょう!

タンパク質をしっかりと取り入れることが大切で、肉類や魚、大豆等の食品を食べておくと体の力を生み出してくれます。

 

②仕事のし過ぎでは

慢性的に仕事のし過ぎで疲れていると気がつかない方がおられます。

そんな方は十分な休息をとってみて下さい。

日頃からパソコンを使う仕事をされている方は、一日座って仕事しており体力的には全然大丈夫と思われるかもしれませんが、頭を使う仕事も体に負担をかけているものです。

休憩時にはスマホばかりせずに、目をつむって一人になる時間を作ったりするだけでも随分ちがいます。

また体が疲れた時に冷やしてリフレッシュしようとされる方がいますが、温める方が良いでしょう。

疲れ目なども冷やすより、温める方がよいですので試してみて下さい。

③ストレスがかかっている

体調面では全く問題ないのに、なぜかだるくてしょうがないという方はストレスがかかっていることも考えられます。

周りの意見を尊重する方や、対人関係の仕事を主にされる方は、知らず知らずに間にストレスが溜まっているものです。

ストレスが溜まり過ぎると、うつ病になったり精神的にも病気になってしまうことがあります。

ストレスを溜めない様に、休みの日には十分に休むことも大切ですし、悩みなどを話せる相手がいるということも重要です。

一人で抱え込んでしまうと、体調にも影響してきますし、不眠になったりすることもあるので、早めに対策をとっておくようにすると良いでしょう!

スポンサードリンク

運動で活性力を高める

疲れているとなかなか運動する意欲がわいてきませんが、逆に運動することで体の調子を整えることができるのです!

運動することで体の代謝が促進され、体中の血流を良くすることができます。

血流の流れが良くなることで、体中に酸素は行き渡り、体をイキイキとさせることができるのです。

ウォーキングやプールなどの有酸素運動を行ったり、ストレッチがヨガでも効果がありますので、あなたが取り組めそうなものを選んで行ってみることが大切です!

また運動を行って適量の汗を出すことはストレスの解消にもなります。

運動はちょっと苦手という方はサウナや岩盤浴でもいいですね♪

疲労回復にはこちらの記事もおすすめです

実は梅干しには効果がいっぱい!知っておきたいその効果

気になる口唇ヘルペス 原因とおすすめ対処法

整体や鍼灸院に行ってみる

女性には特に多い肩こりや眼精疲労、頭痛など体のだるさを生む原因となっています。

自分でできることもありますが、定期的に整体や鍼灸院に行ってみるのも良いでしょう。

整体も鍼灸院もその道の専門家がいます。

行った事がない方は緊張してしまったりするかもしれませんが、体の歪みを直したり、整えることができます。

女性専用の整体院や鍼灸院がありますので、お近くにあるか調べて見て下さい。

整体や鍼灸は薬を処方するような方法ではなく、体の中にある治癒力や免疫力を高めることができる方法です。

体に負担のないアドバイスをもらえることもありますし、日常の体の状態について相談することもできます!

まとめ

睡眠不足だったり不規則な生活をしていると疲労感が蓄積することがあります。まず気を付けておく事は、規則正しい生活と、バランスの良い食生活、適度な運動を継続して行うことです。

なかなか仕事や家事に追われると、時間もないと思いますが、薬やサプリメントに頼るよりも生活を見直すことが一番良い方法です!!

冷たいものを控えることも大切です。

体の中が冷えることで、血流が悪くなり体がだるく感じることがあります。冷たい食べ物を控えて、なるべく暖かいものを取り込むようにするだけで、随分と違いがでてきます。

お水よりも白湯を飲んだり、アイスやアイスコーヒー、ジュースはほどほどにしておくことが大切です。

体の体温を逃がさないように厚着をして、温める工夫をするだけで随分違うものです。ぜひお試し下さいね!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です