大人の発達障害が増えている? 気になる特徴と改善方法

SPONSORED LINK

発達障害という言葉をご存知でしょうか?

最近では空気が読めないと言われる「KY」という用語が流行る時期がありました。

このKYと呼ばれる方には、その場の雰囲気を理解できずに場を乱すような発言や行動を取ってしまったり、コミュニケーションが取りづらく物事を勘違いして理解することが多かったりしますが、発達障害にはこの空気が読めないと言われる行動が実に多いのです。

昨今、大人の発達障害が増加していると言われる時代になってきました、気になる特徴や改善方法があるのかご紹介してみたいと思います。 


大人の発達障害とは? 

発達障害はコミュニケーションに障害が生じることが多く、

アスペルガー症候群や自閉症スペクトラム障害、注意欠陥多動性障害(ADHD)、学習障害(LD)などがあります。

多くの障害で人と上手に話しをすることができなかったり、物事を間違って理解してしまったりします。

この発達障害とは知的能力には関係なく存在する為、高学歴で高所得な方にも発達障害と言われる方がいることがあります。

例えばIQが120という方でも発達障害の方はおられますし、〇〇大学を主席で卒業されてもそういった障害のある方もいるのです。

普通に社会で生活している人の中にも「4人に1人が発達障害」と言われていますので、あなたの職場や友人にもそういった方がいるかもしれませんね。

大人の発達障害が増えてきたと言われるのには、実際は少し違う部分がありまして、発達障害に対する社会的な理解や認知が進むことで発見される件数が増えてきたと考えることが自然です。

かの有名なトーマスエジソン、アインシュタイン、スティーブンスピルバーク、トムクルーズも発達障害と言われていますし、最近の有名人ではappleの創設者スティーブジョブスきゃりーぱみゅぱみゅの彼氏であるSEKAI NO OWARI fukaseさんが発達障害と告白されています。

こんなに多くの著名人が発達障害であると知ると少し驚きですよね!

特徴は?

学校生活では友達と上手に付き合えなくてもそれほど目立つことはありませんし、成績が良いと「頭が良いけどちょっと気難しい方」と思われたりして発達障害であると気付くこともないでしょう。

しかし社会に出て仕事を行う上で初めてトラブルが続き、周りからおかしい人と見られたり、ちょっと変わった人と言われる事が出てきてしまいます。

大人になってから気付くことは相当のショックがありますし、まず理解することも難しいでしょう。

仕事には多種多様な内容がありますが、どれも職場内でのコミュニケーション能力が求められますし、判断力も問われます。それが十分に行うことができず、悩まれる方が多いのが現状です。

発達障害の特徴としては


  • 自分の思いを上手に伝えることができない
  • 相手の気持ちを理解することが難しい
  • 説明などが簡単に理解できない
  • その場の状況を読み取ることが難しい


以上のことがあります。

またマイナス面の特徴ばかりお話ししていますが、発達障害の方には一般の方よりも能力に長けていることが多くあります。


  • 計算能力がとても高い人
  • 同じ作業を繰り返して何時間でも行うことができる人


ひとそれぞれ違いがありますが、コンピュータープログラマーや芸術家、音楽家、建築家、研究者など単独で行う仕事に就くととても高い能力を発揮することができ、世の中に名を残す方が多いのも実状です。

スポンサードリンク

改善策を教えて

発達障害は脳の機能的な問題が原因ですので治ることはありません

最近では脳科学の研究が進み、シナプスなどの神経回路に原因があるのではと考えられ新薬の開発も進んでいます。

発達障害はよく添加物などの食べ物が原因だからとか、環境汚染が影響していると言われることがありますが、これは全く間違った理解です。

改善策としては薬に頼るよりも、生活方法やコミュニケーションの方法を学んでいくことが良いでしょう。

練習したり訓練すれば改善できる部分もあるのです!

改善策



①空気が読めない発言をしてしまう人は発言を控えて周りの人に意見を聞く

②仕事の手順でミスが多い方は、手順をリストアップして一つ一つ順番に行って行く

③物事が覚えられない人は紙に書いたり、イラストや写真を利用してみる

④発達障害の支援センターなど専門家に相談してみる

⑤職場の人に理解してもらい、公的機関のジョブコーチなどを利用する


まとめ

全国で発達障害に関する相談件数は年々増加しており2013年の調べでは約6万8千件に増加しています。

それほど発達障害に対する認知が進んでいることが分かりますし、多くの方が悩まれている現状でもあります。

発達障害は言葉のイメージは悪く聞こえてしまいますが、目立った症状がない方もおられますし、生活に支障がなければ特に問題ないケースもあります。

発達障害だからと言って悲観的になるよりも、一つ一つ人との付き合い方を工夫してみてください。

物事を伝えてコミュニケーションする際にも、言葉だけでなくプリントを添えて一緒に渡すなどしてみることで、問題が解消できることもありますので、落ち込まずに周りの方に相談してみることから始めると良いですね!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です