バースデーカードってどうやって書くの?書き方と文例とは?

SPONSORED LINK

最近は多くの方がラインやFB、twitterといったソーシャルネットワークを使って、友達や知り合いと連絡を取ることが日常になってきました。

最近はそうしたSNS上だけで、年賀状やグリーティングカード•バースデーカードまで贈ることができるような機能が登場してきています。

しかし、受け取った側にとってはスマホの中にしか残らないデータで、何か軽い感じがしてしまうのは私だけでしょうか?

日々のちょっとした挨拶ならともかく、年に一度の記念日であれば特別な人には、

特別な方法で「おめでとう」という気持ちを伝えたいものですね

誰しも手で書かれた手紙を受け取ると嬉しくなるものです。



 

書く位置(縦折りカード•横折りカードそれぞれ)

一般的に縦書きで文字を書くと堅いイメージになり、横書きで書くと柔らかいイメージになると言われます。

年賀状では縦書きで書かれることが断然に多いのはこの為ですね。

店頭などで販売されている年賀状には縦書きのデザインが多く売られています。

また折りのついているカードでも、特に縦型の折り込みカードは結婚式場や冠婚葬祭などの改まった場で使われることが多いものです。

横折りカードでは、カードを開いた時にイラストや形が飛び出すポップアップカードというものが文具屋さんや書店で売られています。

100円ショップでも販売されていますので、色々選んでみるのも良いでしょう。

バースデーカードを書く際には、横書きで書くことをオススメします

そうすることによって、こちら側の温かい気持ちも伝えることができ、また英語のスペルなども無理なく挿入していくことができます。

文字を書くのが少し苦手だなと感じる方は、おしゃれなスタンプやシール等を使ってみて下さい。

シールやスタンプで飾りを付けることによって、見栄えがグッと良くなりますのでぜひ試して見て下さい。

 


ペンの色の基本は?避けた方がいい色はある?

基本は白色の紙やベージュの紙に黒色のペンを使うことがセオリーと言われます。

色にはイメージがあり、温かい気持ちを表現する際には暖色系の色を使って下さい。

愛情を伝える際に、冬をイメージさせるような真っ青な色で大好きだよと書くには効果的ではありません。

大切な人に思いを届ける際のペンの色は、ピンクやオレンジ、赤などの色が適切でしょう。

台紙の色も自然な色を選ぶことが無難です。

スポンサードリンク


真っ黒なカードに白地で書くと少し怖いイメージを与えてしまいます。

また黄色や緑、青などの色は文字で書くと薄く何を書いているかが、分かりづらくなってしまいますので注意しておいて下さい。

薄い色はマーカー等で使い、飾りを書いたり、アクセントを付ける際に多用されます。
意外と効果的なのは、飾り線を手描きで書くという方法です。

既存のイラストが入ったり、オシャレなカードをわざわざ買って来なくても実は大丈夫なんです。

用意するものは真っ白い紙で十分です。そこに周りの枠を手描きで書くだけで見違えるほど、素敵なカードになります。

 


封筒内にカードを入れるときの向き

一般的には封筒の表側とカードの表側の向きを同じにして入れます。

ただし手渡しの場合には、その逆でカードを裏側にして入れます。

これは縦型でも横型でも同じようです。

カードの入れ方では、特にこうしなくてはいけない!というような決まり事はありません。

ただし、上下が逆さまにならないようにだけは気を付けておいて下さいね。

複数のカードを封筒の中に入れる際は、メインとなるカードを一番上に重ねて入れます。

その他にも贈り物を入れることがあると思います。

カードにプラスして写真やチケットなどを入れる際には、メインとなるカードの下に重ねて、そっと入れておく様に心がけて下さい。

また意外と忘れてしまいそうなことがあります。

それはバースデーカードを封筒に入れる時の「封のやり方」です。

封をする際はシール等で軽く止めておく程度にしておいて下さい。

一般的な郵送物の様に、しっかりとのり付けをしていると封筒を開けようとした際に、ビリビリになってしまい綺麗に保存することができなくなってしまいます。

これでは折角の大切な雰囲気も台無しになってしまいます。

そうならない為にも、金•銀•赤色のシールやMTのマスキングテーブでおしゃれに封をすることで、好感度がアップします♪こうしたちょっとした気遣いが大切ですよね。

 


文例集

バースディーカードを贈る相手も人それぞれ多種多様だと思います。

恋人に贈るカード、友人や家族へ贈るカード。また仕事場の上司や同僚。

取引先のお客様に贈るカードなど色々な場面がありますね。
バースディーカードでは長くても3〜5行程度に書くことを収めておくことで見栄えが良くなります。

さすがに一言だけでは、あっさりし過ぎていて素っ気なく感じてしまいます。

また大切なことは年配の方へ贈る時には年齢を強調しすぎないようにして下さい。

女性の方には特に多く年を重ねることを嫌がる方もおられます。

そういった場合には「おめでとう」というメッセージを強調して、◯歳おめでとうなどと年齢には触れない様にします。


「 ◯◯さんへ
お誕生日おめでとう!!
いつも美味しいご飯を作ってくれてありがとう。
仕事も大変だと思うけど、私のこと考えてくれて本当に嬉しいよ。
これからも元気でいてね!
〇〇より」


家族へ贈る手紙では日頃の感謝の言葉を添えたりします。

一番近い家族だからこそ、こうした気持ちを伝えたいものですよね。


「 ◯◯さんへ
お誕生日おめでとう!
いつも一緒にいてくれてありがとう
これからもずっと一緒にいようね 大好きだよ
〇〇より」



恋人に贈るならストレートに今のあなたの気持ちを表現することが大切です。

難しい言葉を使ったり、文章が長くなりすぎないようにして下さいね。

なによりも大切な相手を思って書くことが大事です。

こちらの動画もどうぞ↓

ペーパークラフトストーリー♪ ポップアップカードができるまで



着飾った言葉よりも「ありのまま」のあなたの言葉が一番嬉しいと感じるはずです。

ぜひあなただけの言葉で、世界でオンリーワンのカードを作ってみて下さい!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です