アトピーに効くといわれるピオチン療法 効果と副作用は?

SPONSORED LINK

アトピーは本当につらい病気ですよね。身体の痒みを引き起こしたり、発疹がでたりと色々な症状を引き起こしています。数々の治療法や治療薬が出てはいますが、アトピーが起こる原因については、専門家でもわからないのが実情であります。いったいどのようような方法だと効果があるのでしょうか?いま最も注目されているビオチン療法についてご紹介したいと思います。


ピオチン療法とは?

ビオチンはビタミン群に属するビタミンであり、ビタミンHとも呼ばれています。

ビオチンはアレルギーのもとになるアミノ酸を体外に排出したり、壊れた皮膚の再生などを助ける働きもあります。

ビオチン療法はお医者さんにいっても、いきなり始めれるものではなく、ビオチン療法ができる医師も限られています。

そして薬の料金なども高かったりします。最近では通販で手軽にビオチンを購入することができるようになっています。

サプリメントの一種なので副作用の多いステロイド薬とは違って、安心して使用できることも大きなメリットです!

アトピーに対する効果

まずはこちらの動画をご覧下さい↓

アトピー治療,アトピー改善法!『自宅でできるアトピーの治し方』 医学博士も推薦!



ビオチンはアトピー性皮膚炎や掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)などに効果があることが期待されており、個人差はありますが完治したと言われる症例が増えてきています!

とくにアトピー性皮膚炎の症状を和らげることに効果が高く、炎症を誘発させるヒスタミンを体外に排出させる働きがあります。

アトピーにかかっている方の殆どの血液を調べてみると、ビオチンの濃度が通常の半分以上に下がっている報告があり、ビオチンを投与する治療法が広まっています。

またビオチンは肌への効果もよく、その他にも結膜炎や脱毛、白髪などにも効果が期待されています。

スポンサードリンク

副作用はある?

ビオチンはビタミンの一種であり、栄養素の一つでもあります。

副作用は出にくく、安全性も高いとされています。

また水溶性の物質なので身体の中に長くとどまることなく排出されます。

サプリンメントなどで服用している方でも、普通に1日1カプセルなど用法容量を守って使用していれば大丈夫でしょう。

妊娠中にビオチンなどのサプリンメントを服用することは控えた方が良いでしょう!

動物実験などでも妊娠中に多量のビオチンを与えると、胎盤や卵巣の萎縮が起こることが報告されています。

人間の場合には例外とされていますが、控えた方が良さそうですね。

まとめ

喫煙をしているとビオチン療法の効果が出にくくなりますので、禁煙をするなどが必要になってきます。

アルコールもビオチンの働きを低下させてしまいますので、過度な飲酒はほどほどにすることが良いでしょう。

ビオチン療法を行う上で一番大切なことは、腸内環境を整えることだと言われています。乱れた食生活や不規則な睡眠習慣が続くと、腸内環境が悪くなり慢性的なビタミン不足から悪玉菌が増えたり、悪循環になっている場合があります。

いくら良いものを口から入れても、十分に消化され吸収されなければ意味がないのです。

まずは食生活や生活環境を整え、ビオチン療法を始めることが一番の近道だと言えますね♪

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です