心筋梗塞 おさえておきたい前兆とチェックポイント

SPONSORED LINK

心筋梗塞 おさえておきたい前兆とチェックポイント

近年働き過ぎなどの過労死で亡くなる人が増えています。

原因には精神的なものから体の病気など様々なものがありますが、その中でも脳出血や心筋梗塞によるものも多いのが現状です。

まずはこちらの動画をご覧下さい↓

心筋梗塞 室原豊明先生



心筋梗塞は若い方でもなる方がおり、3割以上が死に至ってしまう怖い病気なのです。

心筋梗塞を予防する為には、ストレスを溜めすぎないことが大切なのですが、どんな前兆があるのか?どんな症状なのかなど、チェックポイントを踏まえてご紹介したいと思います。


心筋梗塞とは?

心筋梗塞とは、冠動脈の動脈硬化が進行して「プラーク」と呼ばれる血栓が冠動脈の内側を塞いでしまうものです。

血栓ができると、心筋への血流が滞って心筋細胞が懐死してしまいます。早めに処置をしないと死に至る危険な状態になります。

一般的には心筋梗塞は女性よりも肥満傾向の、中高年の男性に多い病気と言われています。

動脈の硬化は、喫煙、食事、ストレス、過度の飲酒などの生活習慣の乱れが原因となる場合もありますし、過剰な残業や働き過ぎなどのストレスによるものもあります。



心筋梗塞を引き起こす危険因子としては、
  • 高血圧
  • 脂質異常症
  • 運動不足
  • 糖尿病の人
  • 肥満傾向の人
  • 喫煙している人
  • 家族に心筋梗塞の方がいる人


が危険と言われています。これに該当する方は生活習慣を改善させた方が良いでしょう。

また心筋梗塞にかかりやすいと言われる性格がありまして


  • ガツガツ仕事をする人
  • 人との競争が好きな人
  • 短気な性格な人
  • 責任感が強い人


はストレスを感じやすい状態が続き、心筋梗塞になりやすいと言われています。日頃から休みの日には十分にリフレッシュしたり、悩みを溜めすぎないようにすることが大切です。

スポンサードリンク

前兆の症状を教えて

①強い胸の痛みがある場合

胸やみぞおちが突然圧迫されるような痛みが走ります。

すぐに痛みが終わるので、大丈夫だろうと思ってしまうことがありますが、仕切りに続く場合には要注意です。

我慢せずに早めに救急外来など受診したほうが良いでしょう。

 

②左肩、背中の痛みなど

何もぶつけたりしていないのに左肩が痛む場合には注意して下さい。

「放散痛」と呼ばれるもので、実際に痛むべき場所が痛まず、違う場所が痛むことがあります。

心臓が脳に痛みを伝える神経が左肩を通っていますので、実際の痛みは心臓であっても、左肩が痛いと脳が認識してしまうことがあるのです。

 

③呼吸困難や吐き気

突然、呼吸がしづらくなり、吐き気がこみ上げてくる場合もあります。

横になったり安静にしても改善されない場合には急性の心筋梗塞が疑われます。

また同時に冷や汗が出てくることがあるのでそういった状態になれば、すぐに病院を受診してください。

チェックポイント

下記の質問にイエスが多い分だけ危険度が高いです。



①突然、胸の中央からみぞおちにかけて、締め付けられるような痛みがありましたか?

②数週間〜数日前から繰り返して胸の痛みや締め付けられることや動悸がありましたか?

③最近、吐き気があったり、実際に嘔吐したりしましたか?

④冷や汗や脂汗がでますか?

⑤不整脈がありましたか?

⑥肥満で高血圧、高脂血症がありますか?

⑦たばこを吸いますか?

⑧最近、食欲がなく食事が食べれないことがありますか?

⑨最近、意識が朦朧とすることがありますか?

⑩急に息切れしたり、呼吸困難になることがありますか?



疑いが感じられる場合には早めに医師の診察を受けることをお勧めします。

予防法を教えて


  • ストレスを溜めないことが一番!


休みの日にはしっかりと休み、仕事の疲れをしっかりととることが大切です。


  • 食生活を見直しましょう!


エネルギーをバランスよくとることが大切です。インスタント食品や塩分を過剰に多く摂っているような食生活であれば改善が必要です。


  • 運動しましょう!


適度な有酸素運動は効果的です。過剰に体に負担をかけることもよくないので激しすぎる運動は避けて、ウォーキングなどで汗を流すのが良いです。


  • タバコを控えましょう!


喫煙は血管を細くすると言われています。禁煙まではしなくても本数を少なくするだけでも効果があります。


  • お酒はほどほどに!


毎日飲酒をされる方は週に2〜3回にしてみるなど、一日の飲酒量も控えめにすることが大切です。


  • 水分補給をこまめにとる!


意外と忘れやすいことですが、水を飲むということも大切で、体内の水分量が減ると血液が濃くなってしまいます。朝起きたあとはお茶や水を一杯のむだけで違いがでてきます。



何よりもストレスを溜めないことと、生活習慣を見直すだけで予防することができますので無理をせずに取り組めることから始めることが、心筋梗塞を防ぐことに繋がります。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です