春から始める紫外線対策を教えて!

SPONSORED LINK

紫外線の量は3月から急増し5月にはピークを迎えます。

夏場の方が紫外線は多いと思い「春」を油断しているあなた!

まだ「春だから大丈夫!」なんていう油断は禁物です。

夏になる前からの紫外線対策はとても重要なのでここで身近にできる対策をご紹介したいと思います。


そもそも紫外線とは何なの?

「紫外線」とは目に見える光や電波と同じような「電磁波」のことです。

太陽光の一部として地上に届くもので、肌や皮膚にとって有害なものと考えられており、人の目で紫外線を見ることはできません。

紫外線にはUVAにはUVBと二種類に分けられておりUVAは地上の紫外線の95%を占める割合で肌の奥にまで到達し肌の弾力を保つエラスチンやコラーゲンなどを破壊してしまいます。

UVBは皮膚の表面にダメージを与え肌色を濃くし、肌荒れを引き起こします。

紫外線は一年中降り注いでおり、冬や曇りであっても肌に届いてしまうものです。

季節や天候を問わずに予防をしておく必要があると言えますね!

身近にできる紫外線対策は?



①紫外線の強い時間帯の外出は避ける

紫外線は正午前後に最も強くなります。

この時間帯を避けて外出したりスポーツをされると良いです。

ランニングを行っている方は早朝や夕方などがオススメです。





②なるべく日陰に入る

外出した際には日陰をうまく利用することが有効です。

地面や建物からの反射もありビル街などは窓ガラスの反射も強く

日陰にいても紫外線を多く浴びることがあり注意が必要です。





③外出するときは日傘や帽子を忘れずに!

春先でも日差しの強い時には日傘や帽子などは効果的です。

日焼け止めを塗り忘れた方や、

雨の日でも急に天候が変わって日が差し込むことがあります。

折りたたみできる日傘は重宝されるアイテムの1つです。





④日焼け止めクリームを使う

一番手軽に使えて人気があるのが日焼け止めクリームでしょう。

化粧にも紫外線予防の薬品が入ったものがありますし

液体やスプレータイプの日焼け止め薬もあります。



スポンサードリンク

日焼け止めの上手な使い方とは?

まずはこちらの動画をご覧下さい↓

UVカット25〜日やけ止めは一年中!ムラなく丁寧に〜



日焼け止めクリームなどには効果の高さの目安となる「SPF」「PA」の値が商品名に記載されたりしています。

これは紫外線防御指数とも呼ばれ皮膚が赤くなるまでの時間を何倍に長く伸ばせるか表したものです。

ただ強い物を選べば良いというわけではありません。

紫外線予防の効果が高いものはそれだけ肌の負担も大きくなりその日の天候や使う用途にあったレベルのものを選ぶことが大切です。



肌の負担を減らしたい方はSPFやPA値が低いものを選びこまめに塗り直すという使い方が効果的です。



また耳や胸元、うなじ、腕の後ろ、袖まわりなどは日焼け止めの塗り忘れが多くなっている部分でもありますので

隅々まで塗っておくことが大切ですね。

まとめ

意外と忘れがちなのが日焼け止めをしっかりと落とすということです。

日焼け止めは汗や水に濡れ手も大丈夫なように作られており水やお湯で洗ったくらいでは十分に落ちません



日焼け止めを落とす際には、しっかりと洗顔石けんやクリームを使ったりよく泡立てて丁寧に落としていって下さい。



落とさずにそのまま残っていると肌に悪く肌荒れの原因になったりしていまします。

こまめに手入れをすることがとても大切ですね♪

紫外線対策は夏本番が始まってから行っても遅いと言われています。

日差しが強くなるこの春から予防を徹底して綺麗な肌を保ちたいですね!

少しの工夫や手入れの入れ方によって紫外線は十分に防ぐことができます!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です