新入社員の歓迎会、挨拶の仕方を教えて!

SPONSORED LINK

新入社員が歓迎会にするあいさつは何を盛り込めばいい?

誰しも就職し仕事に就くことになれば、歓迎会があるはずです。

歓迎会での挨拶は仕事場での初めての挨拶とは違い、あまり堅苦しくても面白くない新人だなと思われてしまいます。

話し一つで良くも悪くも見えてしまい、聞いている側にとっては、この人と仲良く出来るかどうかを見定められている機会なのかもしれません。

こういうことを言うと、どんどんプレッシャーがかかってしまいますので、やめておきましょう。
歓迎会で挨拶をするとき盛り込むべきことは、あまり自分のことを話さずに、周りの先輩方や上司、仕事場のことを誉めることです。



「緊張していたけど〇〇先輩が〜と声をかけて下さって本当に涙が出そうでした(笑)。」

「私はバカなので小学生に言うように教えて下さい(笑)」

「誉められると伸びるタイプですので、よろしくお願いします(笑)」



など言葉遣いは簡単な表現でかまいませんので、周りを巻き込むような表現を使うと好感度が上がるかもしれません。

決して自分の学歴を自慢したり、だらだらと自分ばなしをする、NGな新人社員にならないようにしてくださいね。



 

長さ•時間はどれくらいが適度?

誰しも自分の話しを聞いて、注目してもらいたいという気持ちがあるものです。

しかし、新入社員にとって重要なことは長くもなく短くもなく、丁度いいという印象を持ってもらうことが大切です。

一番NGなことは話しが短いというよりも、話しが長い方が印象が悪くなってしまいますので気を付けて下さい。

余談ですが、学生時代に話しのながーい校長先生の話しを聞いてウンザリした経験がありませんか?

夏の日には体力が持たずに倒れ出す生徒もいました。

そして短い挨拶の先生に出くわすと救世主のように思えたこともあります。

さて本題に戻りますが、挨拶は文章よりも印象が大切です。

時間にすると1〜2分で少し短いなと感じるくらいで、さっぱりと終わらすのが丁度よい挨拶です。

話す時には表情も重要で無表情ではダメです。

必ず最初と最後には笑顔を心がけて下さいね。

スポンサードリンク

挨拶例

これと言った挨拶の例は数限りなく存在すると思いますが、大切なことはその場の年齢層や雰囲気、流れにあった挨拶ができるかどうかという事が大切です。

新人が数人横一列にならんで順番に挨拶をすることもあると思います。

歓迎会などではお酒も入っており、面白い話しを期待されたりします

前の人が話したことを繰り返して、自分の自己紹介でも取り入れたりすることもあります。

また、自分の失敗談を交えたり、自分をへりくだる表現などで話すことも大切です。

 

「いまそこの階段を上ってきたら、思いっきり転んでしまって。明日休んでしまったらスミマセン(笑)」

 

など、ちょっとドジな部分も紹介することも好感度がアップします。

 

「私は知識がいっぱいあって何でもできます」

 

というような挨拶はむしろ印象を悪くすることがありますので注意して下さいね。

 

「まだまだ新人で何もわかりませんがよろしくお願いします。」

 

というストレートさと、一言クスッと笑える程度の小話で十分なのです。

何よりも多くの人に親近感を持ってもらうことで、先々も色々な人から声をかけられることになると思います。

気を付けるマナーやポイント

どんなに挨拶が面白くウケたとしても、調子に乗らず最後はきっちりと挨拶として締めることが大切です。

あくまでも仕事の歓迎会を開いて頂いたという思いを忘れてはいけません。

ここは合コン会場でもない、何かのイベントでもないことに注意をして下さい。

今年の新人は教育が足りないと言われない為にも、しっかりとした挨拶をはっきりと言えることが大切でしょう。

どんな言葉を使うかよりも、気持ちを伝える想いで話しをしてみて下さい

 

こちらの動画もどうぞ↓

新入社員歓迎会 栗栖社員入社の挨拶


上手くいかなかったとしても落ち込むことはありません、上司や先輩方、誰しも通ってきた道です。

そんな先輩方の昔話をこちらから聞いてみるということもいいかもしれませんね。

何よりも楽しく、笑顔で挨拶してみて下さい。

きっと皆さんも温かい笑顔で迎え入れてくるれるはずでしょう。

コチラの記事も参考になります↓

送別会の挨拶の仕方(送られる側編)

昇格挨拶をする必要があります!スピーチの例文を教えて!

送別会の挨拶の仕方(送る側編)

 

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です