八十八夜 2015 茶摘みとの関係は?

SPONSORED LINK

八十八夜は、立春から数えて八十八日目にあたる日で

だいたい5月2日頃になります。

茶摘みの最盛期でもある八十八夜。



縁起を担ぐという意味と気候条件も含めて

この時期に取れるお茶は極上と言われています。

なぜ八十八夜と呼ばれるようになったのか

お茶との関係などをご説明したいと思います。

まずはこちらの動画をどうぞ↓

夏も近づく八十八夜


 八十八夜って何?

八十八夜は春から夏に移る節目の日のことです。

夏への準備をする決まりの日とされ

縁起の良い日とされてきました。

立春から数えて88日目を指しますが

八十八という文字を組み合わせると「米」という字になります。

そのことから農業に従事する人たちにとっては

とても重要な日とされてきました。

春から夏へ移り変わる季節の境目として重要な日となるのです。

お茶摘みとの関係とは?

八十八夜の別れ霜というように

この頃から霜もなく安定した気候となります。

そのことから茶摘みや苗代のもみまき

蚕のはきたてなど行う目安とされているのです。

八十八夜を迎えたら農作業が始まるということですね。

また八十八夜に摘み取られるお茶は

古来より不老長寿の縁起物の新茶として珍重されています。

スポンサードリンク

毎年日にちが違うの?今年は?

八十八夜は立春から数えて88日目です。

2015年の今年は5月2日になります。

この日から夏の準備を始めると言われており、

「夏も近づく八十八夜〜」という歌もありますね。

立春は毎年2月4日か5日になりますので

前後して八十八夜の日付が変わることがあります。

まとめ

八十八夜は雑節の1つであり、

この時期には明け方にかけて遅霜(おそじも)が発生しやすく

農作物に多大な被害がでることがあります。

そんな農家の方々の間で注意を換気するために

この雑節が作られたとも言われています。

日本では茶摘みという歌で有名です。



「夏も近づく八十八夜

野にも山にも若葉が茂る

あれに見えるは

茶摘みじゃないか

あかねだすきに菅の笠

日和つづきの今日この頃を

心のどかに摘みつつ歌う

摘めよ 摘め摘め

摘まねばならぬ

摘まにや日本の茶にならぬ」



癒されますね~。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です