こいのぼりの由来って知っている?どんな意味があるの?

SPONSORED LINK

端午の節句とは奈良時代から行われている古い行事であります。

端午とは5月はじめの午(うま)の日という意味で

それが5月5日となりました。

端午の節句には厄払いの意味があり

日本では強い香りのある「菖蒲(しょうぶ)」

よもぎと一緒につるし厄払いをする風習があります。

ではなぜこの日に鯉のぼりを飾る様になったのでしょうか?



 

こいのぼりの由来



日本では将軍に男の子が生まれると旗指物という

家紋のついた旗やのぼりを立てて祝う風習がありました。

これが武家に広がり男の子が生まれた印として

のぼりを立てるようになりました。

その風習が庶民の間でも真似されるようになったのがはじまりです。



鯉の滝登りを立身出世のシンボルとして

のぼりにして掲げるようになり全国に広がりました。

江戸時代には和紙に鯉の絵を描いたものでしたが

大正時代には布製の鯉のぼりになり、今の形になったと言われています。


こいのぼりを上げることの意味は?

中国から伝わった「登竜門」という言葉があります。

成功への難しい関門を突破するという意味があり

日本でもスポーツや芸術の分野で

「プロになる登竜門」と呼ばれコンテストや大会が行われることがあります。

竜門とは切り開いてできた急流のことで

この滝を登り切ると鯉が竜になると言われています。

これをなぞって鯉が滝を登るように

子ども達にも困難に立ち向かい強く生きて欲しいという意味があります。

そして子供が健康に育ち将来は大きく出世して欲しいとの願いを込めて

節句の時期にこいのぼりを屋根上へ上げるようになりました。

またのぼりを空高く掲げることで

天の神様に感謝を伝える意味があると言われています。

スポンサードリンク

なぜ一番上だけカラフル?

鯉のぼりの一番上にはカラフルな物が付けられていますが

あれは吹流しと呼ばれるものを付けているのです。

神社の祭礼などで掲げられる5色の布がもととされており

この5色は「天地万物」を意味しています。

5色(ごしき)とよばれ中国の「五行説」に由来しています。

万物とは、木•火•土•金•水の五つの要素で形成されているもので



青色は木を、

赤色は火を、

黄色は土を、

白色は金を、

黒色は水を

表しているのです。



この吹流しには幼児の無事な成長を願って

「魔除け」の意味で飾られました。

カラカラと回る矢車も同様の意味を持っています。

ちなみに



黒色の真鯉がお父さん、

赤い緋鯉がお母さん

青や緑は子どもたち



と考えられており、

それ意外にもカラフルな色を使った鯉が使われることもあります。


まとめ

最近では一戸建てでスペースがある家等も都内では少なくなっていますが

マンションやアパート向けに小さなタイプの鯉のぼりも

売られおり人気があります。

こちらの動画もどうぞ↓

1000匹のこいのぼり(高槻こいのぼりフェスタ1000)Koinobori of 1000



またプロ野球の広島東洋カープでは

季節を問わず鯉のぼりが応援グッズとして使われていることで有名です。

元気な男の子を授かった際にはぜひ鯉のぼりを飾って

これからの健康と活躍を願うというのも良いのではないでしょうか!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です