2015年 春のお彼岸はいつから?食べ物は?

SPONSORED LINK

お彼岸とはよく耳にする言葉でありますが

実際に何をする日で、どんなものを用意したらいいのか

分かりづらいことがありますね。

いまさら聞きづらい「お彼岸」ですが、

お墓参りをして先祖を供養する日と覚えておくだけでも十分だと思います。

ここではお彼岸の期間や、

食べ物などについて色々調べていきたいと思います。



 

春のお彼岸とは?



お彼岸とは春彼岸秋彼岸の二つがあります。

それぞれ「春分の日」と「秋分の日」を中日として

前後3日間行われるものです。



春分の日には太陽が真東から昇って真西に沈む日とされ

昼と夜の長さが丁度同じになると考えられていますね。

真東にある生死の海を渡って到達する悟りの世界を「彼岸(ひがん)」と呼び

真西にある迷いや煩悩に満ちた世界を「此岸(しがん)」と呼びます。

元々お彼岸は悟りの世界へ到達する為の修業をする期間のことで

6日間の修業を行い、7日目に初めて新世界へ到達すると考えられていました。

日本ではこの日に彼岸と此岸がもっとも通じやすくなると考えられ

お墓参りにいくなど先祖供養をする日ともなったわけです。


今年はいつから?

春のお彼岸とは、毎年3月の春分の日の3日前から

春分の日の3日後までのことをいいます。

ちょっと分かりづらいですよね。



2015年のお彼岸

お彼岸入り:3月18日

お日中  :3月21日(春分の日)

お彼岸明け:3月24日



お彼岸の日には家族そろってお墓参りにいくことが一般的です。

またお寺で法要したり、亡き人への思いをはせ、

感謝を捧げるという意味があります。

先祖を供養することで、春の訪れと豊かな実りを願い

自然に対して感謝の祈りを捧げるのも「春のお彼岸」です。

スポンサードリンク

お彼岸の食べ物は?

お彼岸には「ぼたもち」「おはぎ」

お供え物として作られる風習があります。

彼岸の頃に咲く牡丹の花(春)萩の花(秋)に由来すると言われています。

お餅は五穀豊穣、小豆は魔除けに通じることもあり

日本の行事に欠かせないものとなっています。

甘いものは貴重であったため「ぼたもち」をお供えして

おもてなしをしたことが始まりなのでしょう。

また「ぼたもち」はこし餡で作り、

おはぎは粒餡で作るという習わしがあります。


まとめ

お墓参りには、お線香やお花、お供え物を持っていき

墓地を掃除して綺麗にして下さい。

箒やちりとり、墓石の汚れを落とすための

タオルや水なども用意すると良いでしょう。

よくタワシで墓石をゴシゴシと磨かれる方がいますが

これはNGです。

墓石は亡き方の体の一部とも考えられていますので

柔らかいタオルなどで拭き落とす方が良いでしょう!!

 

お彼岸って何をするの?



このお彼岸の期間には如何なる物も悪事を働いてはいけず

変わりに善いことをすれば過大なる果報を生ずると言われています。

少しでも善い行いをして精進したいものですね!!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です