落ちないバスタオルの臭い、取る方法を教えて!

SPONSORED LINK

毎日洗濯しているのに…バスタオルが臭い……

なんてことありますよね!!!

消臭剤も、洗剤も使っているのに何で?!

今日はそんないやな臭いについて紹介します。


 臭いの原因は?

タオルだけでなく、洗った衣類等から嫌な臭いがすることってありますよね。実はその臭いの元は「菌」なんです。洗い残し、カビ、生乾き等から菌が発生し、水を含み嫌な臭いを発しているのです。

また、洗濯機の中にも菌がたくさん。湿気が逃げにくく、菌が繁殖しやすいのです。そんな洗濯機で洗濯していると、衣類に菌が付いてしまいます。


臭いを取る方法は?

いくら洗濯しても取れない臭いは、臭いのついた洗濯物を熱湯に入れて消毒しましょう。

菌は熱に弱いので、40度くらいの熱湯に1時間〜3時間程浸け置きしてから洗濯することでも臭いを取ることが出来ます。


今後の注意点を教えて



大切なのは、

汚れた洗濯物はそのままにしないこと。

あた洗濯が終わったら、すぐに干すことです。

汚れもニオイも放置は厳禁!

出来るだけ早く洗濯し、洗濯機が止まったら、すぐに干しましょう。

洗濯するまでタオルは通気性の良い場所に補完しておく等の工夫も効果的です。



洗濯物が臭い・・その原因と対策 我が家の実践法と知恵袋



いかがでしたでしょうか?

できたら煮沸や浸け置きなんかは面倒くさいですよね。
日々、洗濯物に臭いが付かない生活を心がけ、嫌な臭いとはサヨナラしましょう!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です