京都・花灯路 2015 日程とアクセスを教えて!

歴史的な文化遺産が多数存在する京都。

もうすぐ、そんな京都の町を美しく彩る京都・花灯路2015が開催されます。

SPONSORED LINK


 京都花灯路の魅力

京都の春の訪れを告げるライトアップイベント「京都・花灯路2015」

露地行灯の「灯り」といけばな作品の「花」が、風情溢れる東山界わいの街並みや寺院・神社を幻想的に彩ります。

多数のいけばは作品と共に彩られる京都の街並。

いけ花作品だけでなく、関西の芸術大学、短期大学のユニークな芸術作品、芸舞妓による奉納舞踊など、様々な者が花灯路を彩ります。

 

京都・東山花灯路2014が始まる



 

日程とアクセスは?

開催期間は2015年3月6日(金)〜3月15日(日)午後6時〜午後9時半

 

アクセス


  • JR京都駅から市バスで約15分で清水寺
  • 祇園四条駅から徒歩9分で八坂神社
  • 地下鉄東山駅から徒歩11分で青蓮院


京都の町は市バスが多く通っているので、京都駅、祇園四条駅等からどこでも行くことができますよ。

また、開催エリアが大きいので、HPを見てお目当ての場所を見つけてから向うのもいいでしょう

http://www.hanatouro.jp/higashiyama/

 

2つのルートを教えて

初心者の方におすすめのルートは南から北上して行くコースです。

清水寺からスタートし、青蓮院でゴールするものです。

実は圧倒的に北→南で行く方が多いので、清水寺からスタートすると少し混雑が回避できるのです。

また、北→南コースもこれはこれおすすめ。

最初に坂をあがってのスタートになるので後は下りで楽ちんなんです。

たくさん見たい方は全体的にてきぱきと歩きましょう!

関連記事はコチラ

富士芝桜まつり2015 アクセス方法や開花予測を教えて!!

 

いかがでしたでしょうか?

春の訪れを感じることの出来る花灯路

あなたも是非足を運んで、その幻想的な風景で心を癒してくださいね!

スポンサードリンク

関連記事

新入社員の歓迎会、挨拶の仕方を教えて!

新入社員が歓迎会にするあいさつは何を盛り込めばいい? 誰しも就職し仕事に就くことになれば、歓迎

記事を読む

出産祝いの書き方について教えて!

ご出産祝いの際にはどんなメッセージを添えたり どのようにお祝いのお金を贈れば良いのか 分

記事を読む

敬老の日のメッセージ おすすめ例文集

2015年の敬老の日は9月15日になります。 敬老の日にはどんなメッセージを送ればいいのでしょ

記事を読む

バースデーカードってどうやって書くの?書き方と文例とは?

最近は多くの方がラインやFB、twitterといったソーシャルネットワークを使って、友達や知り合いと

記事を読む

卒業旅行はどこに行く?(海外編)

卒業を前にして今しか出来ないことってありますよね。 楽しい仲間と最高の思い出を残すためにも

記事を読む

京都 蛍の名所 2015 おすすめスポットを教えて

京都は大都市としては珍しく、町中で蛍を見る事ができる場所があります。 蛍が一番よく見られるのは

記事を読む

大阪で屋形船の宴会がしてみたい!方法は?

新人でまだ飲み会の幹事など慣れないあなた びっくりさせるような飲み会を開き 上司や同僚を

記事を読む

卒業旅行はどこに行く?(国内編)

卒業が間近に迫ったこの季節 仲間と共に最後の思い出を作りたいものですね。 卒業前に旅行に

記事を読む

祇園祭 2015 日程と楽しみ方をご紹介

京都東山区にある八坂神社で行われる祭礼で、日本でも有名なお祭りの一つであります。 八坂

記事を読む

八十八夜 2015 茶摘みとの関係は?

八十八夜は、立春から数えて八十八日目にあたる日で だいたい5月2日頃になります。 茶摘み

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ホタルイカの旬っていつごろ?ホタルイカの見投げって?爆湧きってどういう意味?

海の中で、体が青く光ることで良く知られる「ホタルイカ」。 一般的

健康診断の結果が出るまでの期間は?即日で結果が出るところもある?再発行は可能?

健康診断の結果が出るまでの期間はどれ位? 健康診断を受けてから結

手の爪がでこぼこの原因は?改善方法を教えて!

手の爪がでこぼこになる原因は?でこぼこの種類によって病名が違う?(縦、

白湯は朝に飲んだ方が効果的 その理由とは

白湯の効果が最もあるのは朝らしい 身体に良い!と言われている白湯

兄弟の新築祝いの相場は? 独身と既婚で金額は違う?渡すタイミングは?

 兄弟の新築祝いの相場は?独身と既婚で金額は違う? たとえ気心の知れ

→もっと見る

PAGE TOP ↑