手荒れで出来る水泡は何?治し方は?

SPONSORED LINK

冬になって家事をしていると手荒れが気になりますよね。

ヒドイ乾燥、痒み、アカギレetc

その中で、たまに水泡ができることありませんか?

この水泡の正体が何なのか気になった方も多いのではないでしょうか?


 手に出来る水泡は何?

水泡が出来る原因、それは手湿疹です。

手湿疹による水泡は、普段手指を守るバリアの役割をしている皮脂や水分の欠乏によってできるものと考えられています。

表皮が薄くなり、バリアの力が弱まった箇所に、日常生活で使う洗剤や刺激物が入り込んだり、摩擦によって強い刺激を受けることで手湿疹による水泡ができてしまうのです。

スポンサードリンク


 水泡が出来る原因は?

上記にも書いた通り、手湿疹を患っている手に刺激物や洗剤が入り込んでしまうことが原因です。

手湿疹による水泡は、つぶしてしまうとそこから汁のようなものが出てきます。
水泡はつぶしてしまっても手湿疹が治るわけではありません。

むしろそこが傷となり、逆に悪化してしまいます


対処法を教えて

水泡はとても痒いです。でも掻かないでください!

掻いたら水泡が破れ、体液が出、ますます悪化してしまいます。

どうしても痒いときは、一度冷やしてみましょう。

ビニール袋に手を入れ、流水で冷やすと痒みが少し軽減されます。

あと、手を濡れた状態で放置しないこと。

濡れたらすぐにタオルでやさしく拭き取り、ハンドクリームを塗るのがおすすめです。

 

 

いかがでしたでしょうか?

乾燥のヒドイ冬に水仕事。

手湿疹は回避できません。

こまめにハンドクリームを塗る等意識して、悪化しないように気をつけましょう!

しかし、あまりにも酷い場合は医療機関に相談してくださいね

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です