ホタルイカの旬っていつごろ?ホタルイカの見投げって?爆湧きってどういう意味?

SPONSORED LINK

海の中で、体が青く光ることで良く知られる「ホタルイカ」。

一般的によく知られるイカと違い、一口で食べることができるほど小さいイカですよね。

このホタルイカですが、実は面白い性質をもっている生き物なので、その生態を紹介しましょう!

スポンサードリンク

ホタルイカの旬はいつ頃?



 

ホタルイカの旬は、大体3月から5月。

桜が咲く直前から、葉桜になったあたりくらいまでがシーズンになります。

場所は日本海全域と、太平洋側の駿河湾・相模湾。

 

特に、富山はホタルイカの産地としてとても有名で、ホタルイカが海の中で青く光る幻想的な光景も見ることができます。

有名な「ホタルイカの身投げ」を見られるのも、この富山湾ですね。

シーズンになると多くの人がこの美しい光景をみたり、浜辺のホタルイカをとったりしています。

スポンサードリンク

ホタルイカの身投げってどういう意味?

ホタルイカといえば、「ホタルイカの身投げ」がとっても有名。

 



 

「ホタルイカの身投げ」って、なんだかちょっと怖いイメージがある言葉ですよね。

でも、実はとても美しい光景をみることができるものなのです。

 

ホタルイカは、産卵の時期になると沿岸部にやってきて産卵します。

沿岸に大量にやってきたホタルイカは、なにかに触ると発光するという性質をもつために、海面が青く光る現象を見ることができる、というわけです。

 

そして、産卵を終えたホタルイカはそこで力を使い果たし、死んで浜辺に打ち上げられます。

これを「ホタルイカの身投げ」と呼んでいるのです。

 

「ホタルイカの身投げ」では、沿岸のとても近いところまでホタルイカがやってくるため、砂浜に打ち上げられる寸前のホタルイカたちをとるために、大勢の人が網で海面を掬います(砂浜に打ち上げられたあとだと、ホタルイカが砂をかんでいるので駄目なのだそうです)。

 

「ホタルイカの身投げ」を見られる条件は、以下の通りです。

 

・新月(月がない日)であること

※ホタルイカは月を頼りに泳いでいると言われ、月がないと方向がわからなくなると言われています。

・よく晴れた日であること

・波が穏やかな日であること

・富山湾で多く見られる

・深夜から早朝にかけての時間帯

 

「新月によくみられる」というのは有名ですが、他にも色々な条件がありますので、できるだけ見られそうな日を狙って訪れたいものです。あくまで自然の風物詩ですから、見られなくても「いつか必ずみよう」というくらいの気持ちでいるといいかもしれません。

 

 

爆湧きって何?

ホタルイカの身投げ」で、大量にホタルイカがやってきたときのことを「爆湧き」と呼んでいます。

 



 

爆湧きになると、大量のホタルイカでびっくりするほど海が赤くなります。

ホタルイカは体が赤いので、たくさんあつまるとまるで海面が赤くなったように見えるわけですね。

 

一目で「いつもの身投げとは違う!」と解るほどで、網ですくってもすくってもホタルイカたちが湧いて出てくるような状態に!

この爆湧きに遭遇するために、多くの人が狙いを定めて富山湾を訪れるほど。それでも、なかなか見ることはできないそうです。

見ることができたらラッキーかも!ホタルイカのシーズンに富山湾を訪れるときは、大きめのクーラーボックスを持っていきましょう。

爆湧きに当たれば、クーラーボックスいっぱいのホタルイカを持って帰ることができますよ。

ホタルイカの爆湧き動画です


ホタルイカのおいしい食べ方を教えて

 



 

まず、ホタルイカは生で食べないこと!

寄生虫がいるので、そのまま食べるとお腹が痛くなってしまうことも多いです。

プロであればきちんとさばいて食べられるようにしてくれますが、自分で調理する場合は必ず火を通しましょう。

 

基本は「酢味噌和え」で食べます。

ホタルイカをゆでたものと、酢味噌をあえるというとってもシンプルなメニュー。

ホタルイカだけでなく、ワカメと一緒にあえてもおいしいので、家庭で試してみては?

 

他にも、バターしょうゆ炒めなどの食べ方がありますのでぜひ!

工夫次第で、色々な食べ方を楽しむことができる素材です。

まとめ

 

・ホタルイカのシーズンは3月から5月、春のシーズン

・「ホタルイカの身投げ」は新月の日にあらわれやすい

・時に、「爆湧き」という大量にホタルイカが集まる現象もある

・ホタルイカを食べるときは、ぜひ酢味噌和えで!

 

 

ホタルイカが泳いでいる姿はとっても幻想的。

時間があれば、ぜひ春に富山湾にお出かけして「ホタルイカの身投げ」を見てみてください!

特に子供にとっては、自然が産む美しさを知る大きなきっかけになるのではないでしょうか?

スポンサードリンク


 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です