読んで納得、知って得する情報サイトです

読んでトクする情報サイト

イベント 暮らし

入社式の挨拶の仕方とは?挨拶と自己紹介の簡単な例文をご紹介

投稿日:

SPONSORED LINK

春といえば、新生活が始まるシーズン!

新社会人の皆さんは、新たな環境に不安とワクワクの両方を抱いているのではないでしょうか。

 

1

 

何はともあれ、やはり出だしが肝心です!

というわけで、入社式の挨拶でおさえておきたい簡単なポイントを、以下に3つ並べてみました。

スポンサードリンク

■喜びと感謝

やはり嬉しさを伝えることも大事です。

会社へ入れた喜びはもちろんのこと、会社の方々から放たれる歓迎ムードに対し、感謝の意を伝えることも忘れずに!

■抱負や決意!

これから仕事を始めるにあたり、沸き上がってくるヤル気や熱意…。

そんなアツい想いもしっかりとアピール!

■支援、指導のお願い

締めくくりにもってこいなのがコレです。

お世話になる上司や先輩へ、お願いの言葉を忘れないようにすると、やはり好印象を持たれやすいのではないでしょうか。

スポンサードリンク


簡単な例文については、調べると色々出てきます!

例えばこちらのページも参考になりそうですね。 

https://careerpark.jp/8072

 

また、当然ですが、言葉遣い(敬語)・会釈・礼にも気を付けましょう!

 

入社式の自己紹介 おさえておきたいポイント・簡単な例文

さて、自己紹介も挨拶と同じく、新入社員にとって基本中の基本!

おさえておきたいポイントですが、どれもそんなに大層なものではありません。

 

■名前

■配属先

■出身地・出身大学

■趣味や特技

■抱負

■締めの挨拶(よろしくお願いします)

 

これらのポイントをおさえつつ、あなたらしさを盛り込みながら、アピールすればOKです。

とはいえ、やはり中には

「緊張してうまく伝えられない」「口下手なのできちんと話せるかどうか…」など、

様々な不安要素を抱える方も多くいらっしゃるかと思います。

 

挨拶も挨拶で気張りそうですが、「自分のことを伝える!」という意識が強く働く自己紹介タイムは、やはり緊張感がグッと高まってしまいそうですよね。

 

それならば、とりあえず「笑顔」は忘れないようにしておきましょう!

たとえ上手く伝えられなくとも、にこやかな雰囲気を出すことができれば、人に与える印象はグッと良くなるのではないでしょうか。

 

逆に、いくらスラスラと上手なスピーチができても、ムスッとした表情であったり不愛想なオーラを放っていると、あまり良い印象を与えられないかもしれません。

 

もちろん、素敵な笑顔と上手なスピーチが揃えば最強ですが、上手く話せないのであれば、せめて「笑顔」だけは忘れないよう心掛けましょう。

 

それから「元気にハキハキと!」も大切です。

無駄に大きな声などを出す必要はありませんが、やはり明るく爽やかな振る舞いは、見ていて気持ちが良いものです。

また、このような動画もあります。

【新入社員になったら自己紹介をしよう】



 

簡単な例文については、こちらをどうぞ!

【https://careerpark.jp/3205】

 

「『丁寧な自己紹介』例文」や「『趣味に特化した自己紹介』例文」など、様々なパターンがあり、参考になります。

まとめ

不安と期待で胸がいっぱい!

そんな新入社員の皆さんへ、役立ちそうな情報をお届けしました。

 

とはいえ、「上手く進められるだろうか…大丈夫かなあ…?」

そんな想いを抱いてしまうのも無理はないと言えるでしょう。

 

しかし…考えてもみてください。

 

今はベテランの社会人としてバリバリ活躍している方々も、当然最初は「新入社員」だったわけです。

 

それこそ、今の皆さんと同じように、様々な想いを抱えながら、「大丈夫かなあ…?」なんて思っていたのではないでしょうか。

 

最初から何もかもが上手くいかなくたって良いのです!

基本のポイントをおさえつつ、失敗を恐れず…

自分らしさを全開にして、どんどんアピールしちゃいましょう!

スポンサードリンク

-イベント, 暮らし

Copyright© 読んでトクする情報サイト , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.