ながらスマホの事故が増えている その危険性と対策

SPONSORED LINK

今や社会問題ともなっている「ながらスマホ」。

1

 

最悪な事故まで起こっている今、私たちは真剣にながらスマホについて考えなければいけないところまできています。

そこで今回は、ながらスマホがどれだけ危険なのか動画による事故例や対策をまとめてみました。

スポンサードリンク

ながらスマホとは?

ながらスマホとは、例えば「歩きながらスマホ」「運転しながらスマホ」など、何かをしながらスマホを操作したり、音楽を聴いたり電話をしたりする事です。

これが、どれだけ危険なのか多くの人は既にお分かりだと思います。

しかし、自分だけは大丈夫と過信している方も少なくないんです。

そのため、ながらスマホの事故件数が近年倍増しているんです。

2

 

ながらスマホの事故は、ながらスマホをしていたために加害者になったり被害者になってしまったり、また、ながらスマホをしていないのにその事故に巻き込まれてしまうという可能性もあるわけです。それも結局、ながらスマホ関連の事故となってしまうんですよね。

スポンサードリンク

危険性を教えて

ながらスマホは「何かをしながらスマホを操作する事や音楽を聴く事」なのですが、メインは何かをしている事ではなくスマホになっているので、意識はスマホに集中している状態です(注視などとも言います)。

そうなると、車や自転車の運転、徒歩でも周りに対して普段よりも注意力が半減してしまいます。

3

※ながらスマホは、判断力(危険だから避ける。止まるなど)・反射神経(人を避けるなど)・聴力(車や歩行者の存在の確認)など注意力が散漫になってしまうんです。

 

ながらスマホの事故例

歩きスマホなど「ながらスマホ」がどれだけ危険なのかを知っていただくために、ながらスマホ関連の事故動画をいくつか載せました。

 

※ご注意ください!!

ほとんどの動画が衝撃映像となっていますので、気分が悪くなりそうな方は閲覧なさいませんようご注意ください。

 

◎自転車に乗りながらスマホいじりをした時の事故

 

信号無視ながらスマホ自転車のあわれな末路



 

 

閲覧注意の動画です!歩きながらスマホいじりをした時の大惨事

 

歩きスマホによる事故集・やめましょう!歩きスマホ等に係る事故に注意

歩きスマホをした結果wwww



 

 

◎車を運転しながらスマホいじりをして無関係の車を巻き込んだ時の事故

 スマホ使いながら運転していたドライバーが反対車線の車へ正面衝突の大事故



 

 

閲覧注意の画像です!車の運転をしながらスマホいじりをした時の事故が多いためこのようなCMが作られました。

 

運転中のスマホ使用禁止の啓発CMが衝撃的すぎる!!



 

 

※他にも自転車に乗りながらスマホで年配者と衝突して死亡させてしまったと言う最悪な事故が起きています。

多くの人がスマホを持っている現代、ながらスマホをした為に加害者になったり被害者になったりするのは、もはや他人事ではないと思いませんか?

 

対策を教えて

このように、ながらスマホをした為に人生を台無しにしてしまう可能性はゼロではないんです。

ながらスマホの事故は残念な事に、うなぎのぼりとなっていてながらスマホに対する法律も厳しくなりつつありますが、このような法律があるからではなく私たち自身がながらスマホをやめられるような対策をするべきではないでしょうか。

4

 

対策として考えられる事は…

 

車や自転車に乗る時にはメールはもちろん、電話は運転モードにするか留守番電話に切り替える

スマホ自体に「歩きスマホになっています!」などの警告が画面に現れるような機種も存在しているので、そのような機能をONにする事をおススメします。

(メールや電話の着信音が鳴ると出ずにはいられない人は強制的に受けられないようにして欲しいです)

 

※車や自転車を運転中にメールや電話のやり取りは罰金や懲役の対象になっています。

 

まとめ

ながらスマホは、もはや社会問題となっています。

そのながらスマホをした為にたくさんの尊い命が失われている現状を止めるには、私たち自身が止めなければなりませんよね。

それを勧めるために今回の記事にはとてもショッキングな「閲覧注意」の動画を敢えて載せましたご了承ください。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です