社会保険加入条件が変更に!106万円の壁とは?

SPONSORED LINK

2016年10月から社会保険加入制度が変更になり、アルバイトやパートタイムに関わらず年収106万円以上の労働者は社会保険加入が認められる事になりました。

この年収106万円は以前の年収130万円から金額が引き下げられています。

1

この引き下げられたことによって、アルバイトやパートタイムで働いていた主に主婦にはメリットとなるのかデメリットとなるのかここでは今回の社会保険加入条件の変更についてお教えしたいと思います。

スポンサードリンク

社会保険の加入条件が130万円106万円に引き下げられる?

そもそも社会保険とは、どんなものなのでしょうか。

◎社会保険制度

社会保障の分野のひとつで、疾病、高齢化、失業、労働災害、介護などの事故(リスク)に備えて、事前に雇用者もしくは雇用主、あるいは両者が社会的供出をすることによって、保険によるカバーを受ける仕組みである。【引用元:ウィキペディア】

2

この社会保険の加入条件は、もともと年収130万円以上でした。

それが、今回の変更に伴って106万円に引き下げられたのです。

これによって、今まで社会保険に加入せず配偶者の扶養となっていた方は、扶養から外れて社会保険に加入する事ができるようになるわけです。

スポンサードリンク

 デメリットは何?

年収106万円以上になるとパートタイムだったとしても社会保険に加入する事ができるわけですが、この加入する事によってデメリットはあるのでしょうか。

◎給料の手取り金額の減少

3

 

社会保険に加入すると、給料から社会保険料が差し引かれます。

そのため、手元に入る給料の金額が減額します。

長い目で見る保証よりも、目先の現金が優先の場合では厳しいものになるのではないでしょうか。

 

メリットはあるの?

社会保険加入によってデメリットはありますが、もちろんメリットもあります。

先に少し触れましたが「長い目で見る保証」と言うのがまさにそれで、社会保険に加入となると次のような長い目で見る保証つまりメリットがあります。

 

◎厚生年金に加入できる

4

 

◎育児休業給付金が受けられる

5

 

◎健康診断が受けられる

6

 

◎失業保険が受けられる

7

 

社会保険の加入は、「万が一」を考えた時に頼れる保証に投資する形になるわけです。

 

共働きの家庭は注意が必要?

今まで、配偶者の扶養内でアルバイトやパートで働いていた共働きの家庭の場合、考え方によっては働き方を見直す事が必要になってくるかもしれません。

8

 

今まで配偶者の扶養内ギリギリで働いていたのでしたら、今度は106万円をギリギリ上回った場合に、給料の手取りが減って今までよりも厳しい状況になる可能性があります。

ですから、今までと同じくらいの収入が必要ならば更に労働時間を増やすか転職を考えた方が良いかもしれません。

まとめ

社会保険の加入条件が変更になり、年収130万円から106万円に引き下げられて、社会保険と言う保証がつくのは安心ですが、毎月の手元に残る金額は減るのは確かです社会保険加入の条件変更はアルバイトやパートタイムの働き方を改めて考える良い機械とも言えるかも知れませんね。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です