働き盛りに多い副腎疲労とは?回復方法を教えて  

SPONSORED LINK

今、働き盛りの方に多いと言われている副腎疲労。

あまり聞きなれないかも知れませんが、この症状を放っておくと大変なことになり兼ねないのです。

そこで、ここではこの副腎疲労とは何なのか。また、回復法について考えていきたいと思います。

スポンサードリンク

疲れが抜けにくい?

毎朝、あるいは週末にきちんと休んだはずなのに、翌朝は何となく疲れが残っていて、なかなか起きられない。

なんて事ありませんか?

 

それは、副腎疲労という症状の表れなのかも知れません。

この副腎疲労とは病気ではないものの、うつ病に酷似している症状の事なのです。

なぜ、そのような症状が表れるのかと言うと副腎から出るストレスホルモンが過剰分泌して副腎のホルモン分泌機能が低下してしまうからなのです。

スポンサードリンク

副腎疲労になりやすい人とは?

副腎疲労は、副腎からストレスホルモンが過剰分泌する事から起こりますが、皆がみんなそのような事になるわけではなく、副腎からはストレスを緩和するホルモンも分泌されていて、これらのホルモンバランスが崩れた時に副腎疲労の症状が表れます。

また、副腎疲労になりやすい人は、先にも触れたようにストレスホルモンに関係があるので、過度なストレスを抱えた人という事になります。

 

過度にストレスを感じる人は、真面目・神経質・ハッキリとした性格・悩みを打ち明けられないプライドの高い人が多いです。

また、これらとは違う原因で副腎疲労の症状が表れる人もいて、それは生活習慣で食事(栄養不足)・喫煙・添加物などで毒素が溜まっている・薬などがあげられます。その他に睡眠不足・アレルギー慢性的な感染症です。

回復方法を教えて

この副腎疲労は、いくつかの原因が考えられていますが、近年増加している最も多い原因はストレスと言われています。

 

ストレスを解消できれば、副腎疲労の回復に大きな効果が期待できるのです。これは、他の原因となっている睡眠不足にも効果があります。

ストレス解消法…適度な運動(汗をかくことがストレス解消に結び付きます)・深呼吸(鼻から息を吸って口から吐く)をする事でキレイな酸素が身体中に巡りやすくなり血の巡りもよくなります。

・瞑想(呼吸は前述と同様)によって脳がリラックスできてストレスを軽減し質の高い睡眠をとる事ができます。

ツボを押して治すことも出来る

ストレスを解消する事で副腎疲労は回復できる可能性が大きいのですが、ツボを刺激して軽減できる事もあります。

 

◎手の人差し指と親指の間の少しくぼんでいる部分を刺激します。

◎足の裏の第二・第三の指からかかとに向かって土踏まずの手前を刺激します。

 

ツボへの刺激は、結構いたみを感じますが、加減しながらでも続けることが大事です。

 まとめ

副腎疲労は、幾つかの原因が考えられていますが、最近の原因としては過度なストレスによるものが多いようです。

そのため、副腎疲労を回復させるにはストレス解消が前提なのですが、その他にもツボへの刺激も効果が期待されます。

ストレスの多い現代の社会だからこその症状だと思われ、如何にストレスと向き合う事が出来るかが私たちの課題となっているのかも知れませんね。

スポンサードリンク


 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です