年賀状を出せる期限っていつからいつまで?時期が過ぎたらどうする?マナー違反は?

SPONSORED LINK

年末になると年賀状を出すために時間を結構費やしますよね。

 

しかし、年賀状を出す期間をあまり考えている人は多くありません。

そもそも、年賀状が出せる期間はいつからいつまでかを知っている人もすくないのではないでしょうか。

ここでは、年賀状が出せる期間、また、期間を過ぎてしまった時など年賀状についてのマナーをご紹介します。

スポンサードリンク

年賀状を出せる期限はいつからいつまで?

年賀状をあまり早く出す事も遅すぎても良くありません。

年賀状は、相手側に元旦に届かせるには期限があります。

元旦を意識しなければ出す日が多少遅くなっても良いと思いますが、相手に届く日が遅くなってしまうと失礼です。

◎相手に元旦に届くようにするには、12月25日までに出すのが良いです。

 

 時期が過ぎた場合どうすればいい?

元旦に届くためには12月25日までに出すのが良いのですが、年末と言う事で忙しいあまりに年賀状を出す時期が過ぎてしまう事もあると思います。

そんな時には…

年賀状を郵便ポストに投函するよりも郵便局、特に本局へ直接持ち込むと、元旦に届けてもらえる事が多いです。

※地域によって違いがありますので、問い合わせる事をお勧めします。

スポンサードリンク

年賀状のマナー違反ってある?

年賀状は、言ってみれば年初めの挨拶状です。

この挨拶状には、マナーがつきものなので無礼の無いように気を付けましょう。

 

「年賀状のマナー違反」

 

喪中なのかを確認をします。

◎挨拶文としては「新年」を付けた時は「あけまして」は入れないようにします。(同じ意味なので挨拶がダブル事になります)

また、上記と同じダブル文として「謹賀新年」と「あけましておめでとうございます」です。

「去年」は喜ばしくない言葉という事で「昨年」「旧年」を使います。

宛名は各名前に「様」をつけます。(家族全員に対して出す場合は、世帯主など家族を代表する人に名前のとなりに「ご家族様」とするのが妥当です)

 

 

 出すのを遅れてしまった場合の文例を教えて

年賀状は毎年、出す相手が決まっている方は多いと思います。

しかし、うっかり出し忘れは、しばしばありますよね。

 

うっかり出し忘れてしまった相手から年賀状が届いた場合には、17日までに出しましょう。

その際には、新年の挨拶の他に一言添える事を忘れないようにします。

17日まで(松の内)は年賀状のやり取りができる常識の範囲で、

7日以降は年賀状ではなく「寒中見舞い」となります。

 

「文例:同等のお付き合いの場合」

 

◎年賀状ありがとうございます。

ご挨拶が遅れまして申し訳ございません。

今年も何かとお世話になる事があるかと思いますが、宜しくおねがいいたします。

 

 

「文例:会社の上司など目上の人の場合」

 

◎ご丁寧な年賀状をありがとうございます。

挨拶が遅れてしまいました事をお詫び申し上げます。

今年も宜しくお願いいたします。

 

 

まとめ

年賀状は年初めの大事な挨拶状です。元旦に届くように12月25日までに投函して年賀状のマナーを守った挨拶文でスマートな年始めとしたいものです。

万が一、年賀状を12月25日までに投函できなかった場合はポストではなく郵便局特に本局に直接持ち込むことで元旦に間に合う事が多いです。

スポンサードリンク


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です