新居浜太鼓祭りは喧嘩で有名?日程は?見どころを教えて

SPONSORED LINK

四国三大祭りの一つとされている新居浜太鼓祭り

このお祭りは喧嘩で有名と耳にしますが、それは一体どういう事なのでしょうか…。

 

喧嘩のお祭り?見物客は大丈夫?何だかよく分からないそこのあなた!

ここでは、そんな新居浜太鼓祭りについてまとめてみました。

スポンサードリンク

新居浜太鼓祭りの由来は?

愛媛県新居浜市の秋祭りである新居浜太鼓祭りは、鎌倉時代や平安時代が始まりと言われていて五穀豊穣をお祝いした祭礼でした。

当初は、ここまで大きなお祭りではありませんでしたが、明治時代以降、新居浜市の経済的発展や人口の増加によって今では52代もの太鼓(神輿)が出され飾りも豪華で大きさも巨大になったために携わる人数も多くなるなど大がかりなお祭りになりました。

 

※地元の人々は、このお祭りの為に会社を休んでまでも参加するくらい魂が揺さぶられるお祭りのようです。お祭り好きは江戸っ子ばかりではないんですね~(笑)。←(個人的な感想)

スポンサードリンク

どうして喧嘩で有名なの?

 平安時代や鎌倉時代から始まった新居浜太鼓祭りは現代では、太鼓を各地区の財力や体力を表す代表となっているほどで、対抗意識がとってみられます。この対抗意識を表現したのが喧嘩なのですが…

喧嘩は太鼓同士が鉢合わせとなる事で、この喧嘩と言う呼び方は賛否両論があり今後は鉢合わせを喧嘩と呼び続けるかは未だ分かっていません。

 

いかにも物騒な喧嘩(鉢合わせ)ですが、奇しくも観客には人気があるんです。

それほど有名な喧嘩(鉢合わせ)は、昔からの各地区の対抗意識で始まる場合やお祭りを盛り上げるためイベント的なものだったりするようです。

ここまで有名になった喧嘩(鉢合わせ)は、巨大な太鼓同士がぶつかり合うので迫力が半端じゃないんです。

 

喧嘩(鉢合わせ)の動画を見つけましたので、ご覧くださいね。↓↓↓

 

平成26年新居浜太鼓祭り・西町太鼓台喧嘩で大暴れ!



※この危険だけど有名な喧嘩(鉢合わせ)は、なんかドキドキしちゃいますね!確かに見ごたえありです(嬉)。←(個人的な感想)

 

日程を教えて

新居浜太鼓祭りは、長年の伝統的なお祭りなので行われる日程は変更したり元に戻したりしているようです。

今年(2016年)の日程は…

1016日(日)・17日(月)・18日(火)の開催予定です。

 

男気を感じさせる新居浜太鼓祭りの動画を見つけましたので、ご覧くださいね。↓↓↓

 

2015年新居浜太鼓祭り 大江、東町



 

見どころは?

新居浜太鼓祭りの見どころは、何と言っても太鼓(神輿)のパフォーマンス「かきくらべ」です。

重量が2トン以上もある太鼓をかき夫(神輿の担ぎ手)約150人が、担ぎ上げたり(さしあげ)担ぎ上げていられる時間(耐久時間)などを競うものです。

 

まとめ

女性は参加できないとされている新居浜太鼓祭りは、男気あふれる男祭り!

観客がお祭りに来る目的にしているほど有名な喧嘩(鉢合わせ)は、巨大な太鼓(神輿)を相手の太鼓にぶつける催しです。

危険だとは思いつつも見入ってしまうほど迫力があります。

 

また、お祭り最大の見どころとしては、巨大な太鼓を担ぎ上げたり担ぎ上げていられる時間を競う「かきくらべ」です。

このように、各地区の財力や体力を太鼓と言う形で表す、現代の新居浜太鼓祭りは一度は見て欲しいお祭りですよ。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です