若い女性に増えているパニック障害 原因と対策法を知っておこう

最近、若い女性に増えていると言うパニック障害

テレビに出ている人が緊急搬送され、その病名は「パニック障害ではないか…。」との声も。

 

ところで、そのパニック障害とは一体どんな病気なのかいまいちピンときませんよね。

そこで、ここではパニック障害についてまとめてみました。

スポンサードリンク

パニック障害とは?

パニック障害とは、パニック発作(パニック症状)を繰り返し起こす事です。

 

では、パニック症状とはどんな症状なのでしょうか。

 


【パニック症状の特徴】

  • 公共の場のように人が混みあっているところで症状がおきます。
  • 激しい動機
  • 震え
  • 息苦しさ(過呼吸)
  • 胸苦しさ
  • 強烈な不安感
  • 発汗
  • 脈が早くなる(頻脈)
 

上記の症状が起きてしまうと、その後は

「また症状が起きたらどうしよう。」

「あの場所に行くと症状が起きるかもしれない。」

と言う過度の不安や恐怖がつきまとい外出すらできなくなってしまいます。

 

※パニック障害は上記の症状を繰り返し起こします。

症状は20分~30分後には治まるようですが、

最悪の場合に悪化させるとうつ病になってしまうこともありますので、

絶対に放置せずに心療内科または神経科などの専門医を受診して適切な治療を行いましょう。

 

パニック障害の原因は?

パニック障害になってしまうのは、パニック症状を繰り返し起こすことにあります。

このパニック症状を起こす原因は脳内にあるんです。

 

パニック症状は、

 
脳内の神経伝達物質のバランスが崩れた時に発症する
 

ようです。

 

神経伝達物質には、精神を安定させる物質と活動に不可欠な交感神経を活発化させて興奮状態にさせる物質があります。

難しく言うと…

 

精神を安定させる物質→セロトニン

興奮状態にさせる物質→ノルアドレナリン

 

※パニック症状を起こす人は、普段から他の人よりも緊張度が高めなので、

緊張の糸が切れた時の反動が強くパニック症状やパニック障害になってしまうようです。

スポンサードリンク

対策法を教えて

パニック障害で、専門医の受診をして適切な治療は可能ですが、

やはり、最終的には自分の考え方や気持ちの持ち方が治療や対策に有効なんです。

 

【精神的な対処法=自分へのマインドコントロール】

  • パニック症状で死んでしまう事はない。(症状は苦しいけれど死なない)
  • パニック障害は悪い病気ではない。(不治の病ではない)
  • パニック症状は直ぐに治まる。(大丈夫)
 

※上記の事を常に自分に言い聞かせる事は、良い対策法とされています。

また、専門医を受診して薬を持ち歩く事自体がお守りのような作用となり症状が起きにくくなるようです。

 

【物理的な対処法】

  • 横になれる場所があれば横になる。
  • 深呼吸をして精神的に落ち着かせる。腹式呼吸がかのうならば行うと更に気持ちが安定します。
 

パニック障害になってしまったらどうする?

パニック症状を繰り返して、

パニック障害となってしまったら専門医(心療内科や神経科)を受診してみましょう。

 

専門医では、前述したようにパニック障害に似た別の病気であるか、

念のために身体的な検査を行うところもありますが、問診が多いようです。

 

専門医でパニック障害と診断されると、

薬物療法や心理療法などの治療法をする事が多いです。

 

【薬物療法】


  • セロトニン、抗不安薬(ベンゾジアゼピン系)、三環系抗うつ薬などの薬が処方されることが多いです。
どれも精神を安定させる事が目的の薬となっています。

 


【心理療法】

  • 外出恐怖のように、パニック症状が起きた場所を含め、人が多い場所などにいけなくなってしまった場所に時間をかけて徐々に行く事ができるようにしていく方法です。難しく言うと→認知行動療法
  • 「対処法」のところのマインドコントロールに近い方法で、心身をリラックスさせることを訓練で身に着けて、普段の緊張度を低くするほうほうです。難しく言うと→自律訓練法
 

次の動画の専門医のドクターの話を聞いてみましょう。↓↓↓↓

 

パニック障害とはどんな病気ですか? 【精神科医・樺沢紫苑】パニック発作、不安発作



 

※パニック障害の完治には、長い年月がかかる人もいるけれど、ほとんどが一過性なんですね。←(個人的な感想)

 まとめ

パニック障害は最近、若い女性に増えているようですが、

普段から緊張度が高い人に多いという事は若い女性が仕事などに対して気を引き締めて緊張感を持って取り組んでいるから!と言うとらえ方もありますが、

臨機応変が難しい世代になっているのかな?とも考えられるような気もします。

 

だからと言って、パニック障害になってしまう人を責められませんよね。

ならば、社会が悪いのでしょうか…。

 

結局のところ、どこを責めても仕方がない事だと思います。

自分の身は自分で守るほかなく、その時代・その社会に沿う自分にしていくしかないのかも知れませんね。

スポンサードリンク

関連記事

img_56b761e9c30e4

合格発表前、緊張しているときの過ごし方とは?

1~3月のこのシーズン。学生時代をよく思い出します。 受験シーズンに桜咲く合格発表に向けひたす

記事を読む

img_588d860b0144a

働き盛りに多い副腎疲労とは?回復方法を教えて  

今、働き盛りの方に多いと言われている副腎疲労。 あまり聞きなれないかも知れませんが、この症状を

記事を読む

img_57131856577b7

遅刻をする人は知らない間に信用を失っています。 遅刻壁を治す方法をご紹介!

遅刻をする人には、自覚がある人と自覚が無く周りに指摘されて気がつく人とがいます。 どちらにして

記事を読む

img_574ff6caa6a52

覚えておきたい自転車のマナー 意外とみんな守ってないかも…

たくさんの人が会社へ通勤や学校へ通学で自転車に乗っているのをみかけますよね。 最近では、健康の

記事を読む

img_55bde7a14ee60

神社に関する豆知識 神社に性別がある?お守りを複数持つと神様が喧嘩する?など

神社には奉られている神様の性別があるって知っていましたか? 小さなころから神社にお参りされる方

記事を読む

img_57b9c3c13d908

集中力が途切れがち そんな時に有効なすぐに集中できる方法

集中力は、どんな時に途切れてしまうのでしょうか。   自分が嫌だな苦手だなと思

記事を読む

img_57482641bb60c

関東近郊のおすすめアウトドアスポット

最近の初夏を思わせる気候がアウトドアへの誘いを感じませんか? 家族・恋人・仲間で楽しく健康的に

記事を読む

img_56b98d26b5c0d

ネクタイの長さにもマナーがある?長さを上手に調節する方法

朝、出社する時や、冠婚葬祭のとき、 ネクタイをしますよね。男性でしたら。  

記事を読む

img_5862729a6bcbd

ものもらいの3つの症状 原因と治し方をご紹介

ものもらい。 人によって頻繁に出来てしまったり、または、ほとんどできた事がなかったりですよね。

記事を読む

img_5525f0016ac41

立夏 2015 何月何日?

5月は皐月(さつき)と呼ばれており、早苗を植える時期「早苗月」を略したものです。 5月のゴール

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

2
白湯は朝に飲んだ方が効果的 その理由とは

白湯の効果が最もあるのは朝らしい 身体に良い!と言われている白湯

1
兄弟の新築祝いの相場は? 独身と既婚で金額は違う?渡すタイミングは?

 兄弟の新築祝いの相場は?独身と既婚で金額は違う? たとえ気心の知れ

3
最近増えている過労死問題 労災認定の基準を覚えておきましょう

現代に増えている過労死。 これは、社会問題になっているとも言える

3
昭和の日ってどんな日?由来、いつから始まったか教えて

毎年4月29日は昭和の日ですが、そもそもこの昭和の日って何の日なのでし

1
入社式の挨拶の仕方とは?挨拶と自己紹介の簡単な例文をご紹介

春といえば、新生活が始まるシーズン! 新社会人の皆さんは、新たな

→もっと見る

PAGE TOP ↑