若い女性に増えているパニック障害 原因と対策法を知っておこう

最近、若い女性に増えていると言うパニック障害

テレビに出ている人が緊急搬送され、その病名は「パニック障害ではないか…。」との声も。

 

ところで、そのパニック障害とは一体どんな病気なのかいまいちピンときませんよね。

そこで、ここではパニック障害についてまとめてみました。

スポンサードリンク

パニック障害とは?

パニック障害とは、パニック発作(パニック症状)を繰り返し起こす事です。

 

では、パニック症状とはどんな症状なのでしょうか。

 


【パニック症状の特徴】

  • 公共の場のように人が混みあっているところで症状がおきます。
  • 激しい動機
  • 震え
  • 息苦しさ(過呼吸)
  • 胸苦しさ
  • 強烈な不安感
  • 発汗
  • 脈が早くなる(頻脈)
 

上記の症状が起きてしまうと、その後は

「また症状が起きたらどうしよう。」

「あの場所に行くと症状が起きるかもしれない。」

と言う過度の不安や恐怖がつきまとい外出すらできなくなってしまいます。

 

※パニック障害は上記の症状を繰り返し起こします。

症状は20分~30分後には治まるようですが、

最悪の場合に悪化させるとうつ病になってしまうこともありますので、

絶対に放置せずに心療内科または神経科などの専門医を受診して適切な治療を行いましょう。

 

パニック障害の原因は?

パニック障害になってしまうのは、パニック症状を繰り返し起こすことにあります。

このパニック症状を起こす原因は脳内にあるんです。

 

パニック症状は、

 
脳内の神経伝達物質のバランスが崩れた時に発症する
 

ようです。

 

神経伝達物質には、精神を安定させる物質と活動に不可欠な交感神経を活発化させて興奮状態にさせる物質があります。

難しく言うと…

 

精神を安定させる物質→セロトニン

興奮状態にさせる物質→ノルアドレナリン

 

※パニック症状を起こす人は、普段から他の人よりも緊張度が高めなので、

緊張の糸が切れた時の反動が強くパニック症状やパニック障害になってしまうようです。

スポンサードリンク

対策法を教えて

パニック障害で、専門医の受診をして適切な治療は可能ですが、

やはり、最終的には自分の考え方や気持ちの持ち方が治療や対策に有効なんです。

 

【精神的な対処法=自分へのマインドコントロール】

  • パニック症状で死んでしまう事はない。(症状は苦しいけれど死なない)
  • パニック障害は悪い病気ではない。(不治の病ではない)
  • パニック症状は直ぐに治まる。(大丈夫)
 

※上記の事を常に自分に言い聞かせる事は、良い対策法とされています。

また、専門医を受診して薬を持ち歩く事自体がお守りのような作用となり症状が起きにくくなるようです。

 

【物理的な対処法】

  • 横になれる場所があれば横になる。
  • 深呼吸をして精神的に落ち着かせる。腹式呼吸がかのうならば行うと更に気持ちが安定します。
 

パニック障害になってしまったらどうする?

パニック症状を繰り返して、

パニック障害となってしまったら専門医(心療内科や神経科)を受診してみましょう。

 

専門医では、前述したようにパニック障害に似た別の病気であるか、

念のために身体的な検査を行うところもありますが、問診が多いようです。

 

専門医でパニック障害と診断されると、

薬物療法や心理療法などの治療法をする事が多いです。

 

【薬物療法】


  • セロトニン、抗不安薬(ベンゾジアゼピン系)、三環系抗うつ薬などの薬が処方されることが多いです。
どれも精神を安定させる事が目的の薬となっています。

 


【心理療法】

  • 外出恐怖のように、パニック症状が起きた場所を含め、人が多い場所などにいけなくなってしまった場所に時間をかけて徐々に行く事ができるようにしていく方法です。難しく言うと→認知行動療法
  • 「対処法」のところのマインドコントロールに近い方法で、心身をリラックスさせることを訓練で身に着けて、普段の緊張度を低くするほうほうです。難しく言うと→自律訓練法
 

次の動画の専門医のドクターの話を聞いてみましょう。↓↓↓↓

 

パニック障害とはどんな病気ですか? 【精神科医・樺沢紫苑】パニック発作、不安発作



 

※パニック障害の完治には、長い年月がかかる人もいるけれど、ほとんどが一過性なんですね。←(個人的な感想)

 まとめ

パニック障害は最近、若い女性に増えているようですが、

普段から緊張度が高い人に多いという事は若い女性が仕事などに対して気を引き締めて緊張感を持って取り組んでいるから!と言うとらえ方もありますが、

臨機応変が難しい世代になっているのかな?とも考えられるような気もします。

 

だからと言って、パニック障害になってしまう人を責められませんよね。

ならば、社会が悪いのでしょうか…。

 

結局のところ、どこを責めても仕方がない事だと思います。

自分の身は自分で守るほかなく、その時代・その社会に沿う自分にしていくしかないのかも知れませんね。

スポンサードリンク

関連記事

浴衣の柄に隠されたステキな意味をご紹介

夏祭りや花火大会に浴衣姿の方を見ると「素敵だな~」と思いますよね。 また、浴衣には、いろんな柄

記事を読む

ぞくぞく登場 介護コンビニってどんなところ?

コンビニは、当初は便利な日常品を販売するだけでしたが 最近、出張コンビニや宅配コンビニなどいろ

記事を読む

公務員になぜボーナスが出るの?しかも増えている?!

「就職は公務員がいいな」 「なぜ?」 「だって不況とか赤字とか関係なく給料もボーナスもき

記事を読む

エアコンの効きには室外機がポイント!

エアコンの効きが良くないな~。なんて感じた時はありませんか? それは、もしかするとエアコンの室

記事を読む

蚊に刺されてかゆい!かゆみを止める3つの方法

市販の薬を使わなくても、大丈夫!身近にあるもので、意外とかゆみを軽減できるんです。 蚊に刺され

記事を読む

5月病じゃない6月病って知ってる?

5月病は、よく耳にする方は多いと思います。 しかし、最近では5月病ならぬ6月病と言う言葉が出回

記事を読む

知っておきたい加齢臭対策 原因と対策

歳を重ねると、どうしても加齢臭が気になってきますよね。 加齢臭は独特の臭いですし自分ばかりでな

記事を読む

引っ越し先のあいさつ おさえておきたい4つのポイント

新しく引っ越した先で、まず済ませておきたいのが、 ご近所さんへの挨拶ですよね。 今回は、

記事を読む

高速道路の逆走事件、原因は?

全国の高速道路で逆走による事故が相次ぐなか 2015年1月21日岩手県の東北自動車道で、

記事を読む

梅雨の時期になる病気“湿邪”とは?その症状と対策法をご紹介

日本人には、あまり馴染みのない「湿邪」。 最近になって、サイトや情報誌などでポツポツと目にする

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

エアコンを使わないで快適に涼しく過ごせるテクニックとは

年々暑くなる日本の夏 みなさんの子供の頃を思い出してみて下さい。

ホタルイカの旬っていつごろ?ホタルイカの見投げって?爆湧きってどういう意味?

海の中で、体が青く光ることで良く知られる「ホタルイカ」。 一般的

健康診断の結果が出るまでの期間は?即日で結果が出るところもある?再発行は可能?

健康診断の結果が出るまでの期間はどれ位? 健康診断を受けてから結

手の爪がでこぼこの原因は?改善方法を教えて!

手の爪がでこぼこになる原因は?でこぼこの種類によって病名が違う?(縦、

白湯は朝に飲んだ方が効果的 その理由とは

白湯の効果が最もあるのは朝らしい 身体に良い!と言われている白湯

→もっと見る

PAGE TOP ↑