覚えておきたい自転車のマナー 意外とみんな守ってないかも…

SPONSORED LINK

たくさんの人が会社へ通勤や学校へ通学で自転車に乗っているのをみかけますよね。

最近では、健康のために自転車に乗る人もいます。

 

しかし、その自転車に乗る人のマナーが悪い人が多くなっている事が問題視されています。

そこで、ここでは自転車のマナーやルール、また、違反した際の罰則などをお教えしたいと思います。

 

※自転車は免許が無くても乗る事ができるからと言ってルールやマナーを軽視してはいけないんですね。

スポンサードリンク

自転車のマナーが悪い人が増加中

自転車を乗る人は、マナーを守らなくてはとても危険なんです。

ですから、ルールがあってそれを違反したら道路交通法が適応されるわけです。


【主に道路交通法違反とされている自転車での行為】

  • 横に並んでの走行
  • 無灯火
  • 二人乗り
  • 片手運転
  • 一時停止無視
 

上記の行為は、道路交通法違反とされていて、それぞれ罰則や罰金もあります。

自転車のマナーやルールを守る意味とは、自分自身を含み周りも危険から守る事なんです。

スポンサードリンク

歩道を走る(車道の左側を走るが正解)

自転車のマナーの中で歩道についてお教えしたいと思います。

自転車は、軽車両とされているので基本的には歩道ではなく車道を走る事が原則となっています。

また、車道では他の車両と同様に左側走行が義務付けられています。

しかし、特例として自転車が歩道を走る事が出来る場合もあります。

 


【歩道を走る事ができる場合】

 
  • 歩道通行可の標識がある時
  • 13歳未満の子供または70歳以上の年配者、体に障害がある人
  • 道路が工事中で自転車が走行できる所(路側帯)に駐車されていて通れない時
 

自転車が歩道を走る事が出来る場合でも歩道は歩行者が優先なので、歩道の左側(車道側)を走行して歩行者の邪魔をしないようにします。

また、上記の違反対する罰則も存在します。

 

こちらの動画も参考になります。

自転車の正しいルール・マナー


酒に酔って走る

前述したように自転車は軽車両です。

ですから、お酒を飲んだら自転車に乗る事は絶対にダメなんです!

 

お酒は、注意力や判断力が低下するので、本人を含め歩行者への危険があるのです。

違反したら(酒酔いと判断された場合)

道路交通法65条(罰則5年以下の懲役または100万円以下の罰金)

です。

 

お酒を飲んだら

車ばかりでなく自転車にも乗るな!…ですね。

スマホをしながら走る

最近、多発している事故の中で

スマホをしながら自転車に乗っていた事が原因だった。

と言う事を耳にします。

 

実は、スマホと自転車に対する道路交通法が存在しているんです。

それは、やはりスマホをしながらや音楽をヘッドホンで聞きながら(周囲の音が聞こえない程の大音量)の自転車走行は、

周りへの注力が欠けたり危険の察知が遅れてしまうからなんでしょうね。

 

道路交通法71条(5万円以下の罰金)

まとめ

自転車は自動車のように免許の必要がなく、子供から乗る事ができるためマナーやルールも軽く考えがちなってしまいます。

しかし、その考えが大きな事故となってしまう可能性があるのです。

 

警察に問い合わせたところ、

全国共通の道路交通法とは別に各都道府県独自で自転車の条例もあるそうなので、

時折、お住いの警察に確認してみるのもいいですね。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です