梅雨明け前後でも気を抜けない4つの注意点とは?

SPONSORED LINK

長く続く梅雨が明けるのを誰もが待ち望んでいるはず!

しかし、この嬉しい梅雨明け前後には注意したいことがあるんです。

そこで、ここではその梅雨明け前後の4つの注意点をお紹介したいと思います。

スポンサードリンク

 梅雨明け前に発生しやすい台風に注意

梅雨明け前の台風は本当に注意が必要なんです。ちょっと難しく言うと…

 

梅雨前線と台風が重なるから

 

簡単に言うと…

梅雨の雨雲と周りの雲も連れてきて暴れまわる台風が重なるから

 

です。

ただでさえ、梅雨の長雨で地面の下は水をたっぷり含み地盤が緩んでいるところへ台風が来ると土砂崩れと言う災害に見舞われたり、

梅雨+台風で豪雨となって洪水の恐れがあるんです。

 

私たち人間は梅雨や台風など自然を止める事が出来ず、災害の対策を考えることしかできません。

ですので、

梅雨+台風の到来を想定した用意をするに限りますね。

スポンサードリンク

梅雨明け前になりやすい“天気痛”に注意

みなさんは「梅雨などお天気が悪いと首や腰に鈍痛が走る」そんな経験はありませんか?

 

雨が降ったりすると鈍痛が起こると言うのは、よく耳にしますよね。

 

特に、梅雨のように長く続く悪天候は、

もう最悪な状態になるんです。

 

このような痛みを天気痛と言うそうです。(ちょっと耳慣れませんが…)

では、なぜ梅雨時などにそのような症状が出てくるのでしょうか。

 


<原因と主な症状>

梅雨など悪天候の時に痛みが出るのは、気圧に関係があると言われています。

ちょっと意外かも知れませんが、

この気圧は耳の中にある三半規管の働きによって痛みを感じる痛感神経を刺激する事で、

ご自分が持っている古傷や体の中で比較的に弱い部分が痛みを感じるんです。

 

 

※三半規管…耳の中にあって(平衡感覚と関係がある部分)、

またその中のリンパ液が気圧の変化(悪天候の時の低気圧)で流動すると、

交感神経(昼間に活発な活動をさせる神経)を刺激します。そうすると、痛感神経まで刺激をうけてしまうわけです。

 

 

梅雨などの悪天候(低気圧)→三半規管のリンパ液が流動→交感神経を刺激→痛感神経を刺激→天気痛の症状が発症

 

<対策法>

天気痛は「痛い」わけですので、鎮痛剤がいいと思われがちですが、先に触れたように天気痛が発症する元は、

三半規管が深く関係しています。

ですので、三半規管の働きをコントロールする乗り物酔い止めの薬を服用するのが最適なんです。

 

 

※三半規管は平衡感覚を司る部分なので、

乗り物酔いをする人も三半規管の中のリンパ液の間違った流動によって症状が発症するんです。

 

 

梅雨明け後の猛暑による熱中症に注意

長く続いた梅雨が明けると、いよいよ夏本番ですね。

しかし、最近では梅雨明け直後に猛暑となってしまいます。

そして、毎年のように梅雨明け直後の猛暑のために早くも熱中症で病院に搬送されるなんていうニュースを耳にします。

 

なぜ、梅雨明け後にここまでの猛暑となってしまうのでしょうか。

 


<猛暑の仕組み>

梅雨が明けた上空は、とても厚みのある高気圧で覆われています。

それに、風邪が弱く様々な現象が重なって猛暑になると言われています。

その現象の種類は…

 

 

・フェーン現象

・ヒートアイランド現象

・ラニーニャ現象

・ダイパールモード現象

 

 

<猛暑による熱中症の対策>

どの現象が猛暑のきっかけとなるのかは、その時によるので分かりませんが、

猛暑になると熱中症に注意が必要ですよね。


熱中症を簡単に考えていると重症になってしまので、事前に対策をしておくのがいいですね。

熱中症の初期症状として、脱水症状があげられますがご自分が気がつかないうちに脱水症状となっている事が多いので、

こまめな水分補給は欠かせないようにしましょう。

 

水分の内容としては、水だけよりもスポーツドリンクの方がオススメですね。

しかし、スポーツドリンクを過剰摂取すると糖分の摂り過ぎになってしまうので薄めるなど工夫をしましょう。

梅雨明け後に発生するダニに注意

梅雨の時期は、ジメジメ状態が続き外は地盤が緩んだり体は天気痛などで体調不良になりやすく、

また、横たわるベッドや布団の中ではダニが産卵しやすい状態となってしまいます。

 

梅雨明けには気温も上がり、産卵したダニがふ化して活発になります。

そのダニは、人間に害を及ぼしますので注意が必要です。

 

<ダニが繁殖する条件>

・高温多湿であること(湿度70%前後・温度25度前後)

・ダニの食料があること(カビ、フケ、食べ残し…)

 

<ダニを駆除しましょう>

ダニの駆除は簡単に言うと、上記の条件がなくなればダニは死滅します。

ですので、毎日、簡単でも掃除をする事なんです。また、風通しを良くする事。

 

布団のダニ駆除が簡単に出来る方法の動画を載せましたの、ぜひご覧ください♪ 

ダニの駆除方法!乾燥機で100%退治!ためしてガッテン



 

ダニは面倒な存在ですが、駆除の方法によって瞬時に死滅させる事が可能なんですね。

まとめ

梅雨は、私たち日本人にとって厄介な時期ですよね。

また、その梅雨明け前後にも注意しなければならない事もあって、ここでは、そんな4つの注意点を紹介して対策法を挙げました。

これらがみなさんの快適に健康的に過ごす為の参考になりましたら幸いです。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です