5月病じゃない6月病って知ってる?

SPONSORED LINK

5月病は、よく耳にする方は多いと思います。

しかし、最近では5月病ならぬ6月病と言う言葉が出回りつつあるようです。

 

この6月病は5月病と近いものがあるのですが違ったところもあって、6月病は社会人に多いんです。

そこで、ここではその6月病についてどんな病なのか、また、その症状や対策法をお教えしたいと思います。

スポンサードリンク


 

6月病とは?

6月病は5月病と似ていて、共に医学用語で言う「適応障害」です。この適応障害は、ストレスを受けて…

うつ気分・不安感・絶望感・焦り・気分の落ち込みなどの精神的なダメージによって…

今度は吐き気・腹痛・不眠などの身体的ダメージが出てきます。

 

スポンサードリンク


 

このような症状が出て来ると

学生では不登校、社会人では欠勤するようになり、

最悪の場合はうつ病になってしまいます。

 

それでは、なぜ5月病ではなく6月病なのでしょうか。

 

先にも少し触れましたが、6月病は社会人に多く、6月には新人社員の研修明け、また新人ではなくても転属・転勤・中途採用などもこの頃から本格的に仕事が始まります。

この時期から徐々に前述したような症状が出て来るので6月病と診断されるようです。

 

 

 

どんな人がなりやすい?

 

6月病は新人社員など研修期間が明ける6月ごろに発症してきます。

では、どんな人がなりやすのでしょうか。


<どんな社員?>

  • 新人社員
  • 異動配属直後の社員
  • 中途採用者
研修期間が終わって、新人社員や異動社員、中途採用者は共通して新たな職場で新たな仕事そして新たに人間関係を築くなど環境が劇的に変化せざるを得ない社員が6月病になりやすいと言えますね。

 

<どんな性格の人?>

  • 真面目
  • 几帳面
  • プライドが高い
  • ネガティブ志向
環境の変化に対して「早急に順応しなければならない!」という生真面目さが裏目に出てしまうようです。

また、新たな仕事に対して「失敗してはいけない!」「新たな仕事が出来なかったらどうしよう」などのような事に強い思考を持っている人は危険ですね。

 

 

対策法を教えて

 

6月病になりやすい人は、新たな職場で新たな仕事を始める人そして生真面目であったり、プライドが高くネガティブ志向の性格の人が多いです。

 

6月病を避けるために仕事をあっさりと辞めるわけにもいきません、だけど性格を変える事も難しいと思います。

ですから6月病の対策法として…

性格+αの考えを試してみて下さい。

 
  •  失敗してはダメ!→新たな仕事の失敗は当然(真面目・几帳面+開き直り
  • 失敗して叱られたくないから取り組まない→失敗覚悟・叱られ覚悟のうえで取り組む(ネガティブ志向+チャレンジ精神
  • 失敗談なんて恥ずかしくて話せない→どんな形の話になっても良いので話す(高いプライド+おしゃべり
 

こちらの動画も参考になります!

パニック障害やうつ病の方へ~マインドフルネス瞑想~



 

 

まとめ

6月病は5月病と似ていて医学用語で言うと「適応障害」にあてはまり、

新人社員や異動配属によって研修明けの6月ごろに患う方が多いです。

 

6月病は、新たな職場・新たな仕事など環境の劇的変化の順応に対してストレスが生じ、

精神的なダメージによって身体的なダメージが出てきて、最悪の場合には「うつ病」に発展しかねません。

 

対策としては、性格的に白黒はっきりさせる生真面目な性格からグレーゾーンを作るような大まかな気持ちにするのが理想なのですが、

性格を変える事は難しいですよね。

ですので、その性格に+αの考えを取り入れてみると楽になりますよ。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です