2016年6月に催される横浜のおすすめイベント  

SPONSORED LINK

三渓園 蛍の夕べ

 

三渓園は、原富太郎が趣味として集めた古美術品を始め京都の古建築をも購入・移築して整備されていった結果の庭園です。

なぜ原富太郎はそんな事ができたのかと言いますと、

富太郎は横浜の原商店に養子になって、生糸貿易で大成功したんです。

スポンサードリンク


この原富太郎は日本美術コレクターとしても知られていて、絵画からはじまり色んな古美術品を集め、それでは納まらず古建築→移築→大規模な庭園となったんですね。

そして、この庭園では季節ごとにイベントが開催されていて6月には庭園内でふ化した蛍が鑑賞する事ができる蛍の夕べがあるんです。

 

三渓園 蛍の夕べ

開催日:5月28日~6月5日

最終入場時間:20時30分

場所:三渓園TEL:045-621-0634

アクセス(車を利用する時の注意点)
  • 東京銀座・羽田方面から三渓園へGO!ベイブリッジ経由「本牧埠頭ランプ」で下ります。三渓園ランプは下りられません
  • 東名横浜町田方面(保土ヶ谷バイパス「狩場IC」経由)・第三京浜自動車道路から三渓園へGO!石川町ICを経由「新山下ランプ」で下ります。
  • 横須賀・金沢方面から三渓園へGO!「並木IC」経由「三渓園ランプ」で下ります。
 

八景島あじさい祭り

2万株ものあじさいが咲く八景島シーパラダイス

梅雨を前に趣のあるあじさいを目の当たりにしながらのお散歩は絶好の場所です。

疲れたら、ちょっとカフェに寄って一休みするのもOK!

スポンサードリンク


散策で健康にもいいですし、色とりどりのあじさいを見て癒しの効果に期待大です。

 

 

八景島あじさい祭り

開催日:6月中旬~7月初旬

場所:横浜 八景島シーパラダイス

アクセス:おすすめは金沢シーサイドライン(高架を通るバスに近い乗り物です)八景島を降りて徒歩5分

または、東京湾岸道路を利用

 

 

横濱ドラゴンボートレース2016

 

元々このドラゴンボートレースは、中国の詩人兼政治家であった屈原と言う人を偲ぶ龍舟競争でしたが、これが競技化されて世界中に広がったと言う事です。

日本では、「横浜どんたく開港祭」のマリンイベントとしてドラゴンボートが移送され競争したことを機に、

今では横浜ドラゴンボートレースと言う恒例イベントとなりました。

 

横浜ドラゴンボートレースは、全力をだし本気の競争を見れる事はもちろんですが、多数の露店も出店しますので、お祭り気分で大盛り上がりのイベントなんです。

 

【タイトル:Jungle Mania 横浜ドラゴンボートレース2014 決勝】



 

横濱ドラゴンボートレース2016

開催日:6月4日(土)・5日(日)

場所:山下公園・海上

アクセス:電車とシーバスを利用するのがおすすめです。

東京駅―(横須賀線)-横浜駅(東口)-横浜シーバスー山下公園

 

 

まとめ

 6月に催される横浜でのイベントは、

ドラゴンボートレースのような活気あふれるものから養殖ではなく自然にしかもその庭園でふ化した蛍や見事に群生した色とりどりのあじさいを見てしっとりと心安らぐものまであり、

近代と古風また和風と洋風を併せ持つ横浜だから成せるイベントではないでしょうか。

 

そんなイベント会場へのアクセス方法は様々ですが、

シーバスを利用するとその移動中も観光ができるなんて…♪

それが横浜の魅力なのかも知れませんね。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です