遅刻をする人は知らない間に信用を失っています。 遅刻壁を治す方法をご紹介!

SPONSORED LINK

遅刻をする人には、自覚がある人と自覚が無く周りに指摘されて気がつく人とがいます。

どちらにしても遅刻は、その人そのものと認識されますので、

社会的には勿論の事、友人からも信用されなくなってしまうほど深刻な問題なんです。

 

ここでは、深刻な問題である遅刻壁を治す方法をお教えしたいと思います。

スポンサードリンク

遅刻が続けば社会的信頼や友人を失う

 

どんな人も一度は遅刻の経験があると思います。

そのように、一度あるいは二度くらいの遅刻は許される事もありますが、この遅刻が続くととんでもない事になってしまいます。

 

仕事にしてもプライベートにしても、遅刻を続ける事によって

 

「あいつは遅刻するから仕事だって任せておけない」

「遅刻するあなたは約束だって守らないでしょうね、信用できない」

 

など残念な結果になりかねないのです。

 

一度信用を失ってしまうと取り戻すのは難しい事なのです。

 

スポンサードリンク


遅刻が癖になる人の特徴は?

 

どんな人も「絶対に遅刻をしない。」という事は言い切れません。

しかし、遅刻をする人は毎回のように遅刻をしてしまいます。

そんな遅刻する人には、やはり特徴があるようです。

 

【遅刻が癖になる人の特徴】

 

楽観的・・・遅刻自体を気にすることなく遅刻をしても謝れば済むと言う感覚。

予測が出来ない・・・決められた時間(約束の時間や出勤の時間など)だけを考えていて、移動中に突発的な出来事(渋滞など)を考えていない。

準備をしない・・・前日に準備をせずに当日に慌てて支度をする。

生活習慣の乱れ・・・就寝時間が遅いため朝に起きられない。

 

 

治し方を教えて

遅刻壁がある人は、社会的にもプライベートでも信用を失わないように治し方を考えていきましょう。

もし、遅刻壁がご自分だけでは治せるのか不安な人は周りの助けを借りる事も良いですね。

真剣に遅刻壁を治す事を知ってもらう事は、信用を得られる一歩となるはずです♪

 


【遅刻壁を治す4つの方法】

  • 目的地までの自分の移動手段を考えてみます。
(徒歩・車・電車・バス…どのくらいの時間がかかるのか、渋滞する時間や場所を考えてみましょう)
  • 遅刻することを後悔させます。
(遅刻すると損をする計画をたててみます。…これはご自身ではなく周りの人に考えてもらうといいですね)
  • 引越しをします。
(社会人でしたら、会社の近くに引っ越すのもいいですし、プライベートで待ち合わせする場合は遅刻しないことを条件に近くの場所で待ち合わせてみましょう。)
  • 生活習慣の見直しをします。
(早寝早起きの習慣を身に着けると、時間に余裕がある朝を過ごす事ができます。)

 

こちらの動画も参考にして下さい。

[タイトル:遅刻癖をなおす方法 【精神科医・樺沢紫苑】]



 

 

まとめ

 

遅刻を続けると社会的にも友人からも信用を失ってしまい、また、それを取り戻す事はとても難しいです。

この遅刻をしてしまう人には特徴があり、

 

「謝れば済む」

「移動中の事を考えない」

「土壇場で支度をする」などが考えられます。

 

その遅刻壁を治すにはご自分で努力する事は勿論ですが、周りの人に協力してもらう事も良いかも知れません。

遅刻癖を治そうと言う気持ちを伝える事は信用においても、とても大切な事ではないでしょうか。

スポンサードリンク


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です