アパートとマンションって似ているけど 何が違うの?

SPONSORED LINK

みなさんがアパートやマンションに引っ越しをする時に、「どちらにしようかな。」と迷ったことがありませんか?

そんな時に「そう言えば、アパートとマンションってどちらも集合住宅だけれど何が違うの?」と疑問を持ったことはあることでしょう。

ここでは、アパートとマンションについて金額的な事や建物などの違いを考えてみました。

スポンサードリンク

実は明確な違いが無い?

[アパートとマンションの違いがほとんどない]

アパートとマンション…この響きから、どうしてもマンションは豪華ですしアパートより金額的に高額のイメージをしがちだと思います。

しかし、賃貸マンションの場合の家賃がアパートの方が高い場合もあるんです。

 

ですから、

無条件で「アパートだから安い。マンションだから高い。」ではありません。

その点について違いは無いという事に近いと言えるでしょう。

 

アパートやマンションの家賃は築年数や立地条件(住んでいて便利か不便化)で金額が決まってきます。

ですから、立地条件が良くて新築(築年数が浅いなど)のアパートと立地条件があまり良くなくて築年数が経っているマンションではアパートの家賃が高めとなるわけです。

[アパートとマンションはココが違うんです]

上記のように、無条件でアパートとマンションの家賃の違いはありません。

それでは、アパートとマンションは一体何が違うの?と思いますよね。

決定的な違いは・・・

 

構造+階数

 

なんです。

 

 

 

アパートとマンションの構造と階数

◎アパート・・・(大半は木造建築・2階まで)

◎マンション・・・(鉄筋コンクリートまたは鉄骨コンクリート・階数は無制限)

ちなみにハイツやコーポ・・・(軽量鉄骨)

 

スポンサードリンク


 

防音に差があるの?

アパートとマンションの違いは構造にある事が分かりましたね。

では、その構造によって集合住宅の一番の悩みとも言える騒音に対して防音効果の違いはあるのでしょうか。

 

ズバリ!

 

木造・軽鉄骨よりも、鉄筋・鉄骨造りの方が防音性は高いと言えます。

しかし、防音性を求めるのでしたら、木造や鉄筋などの構造よりも戸境壁(隣室との壁)の構造を気にしてみましょう。

壁となる部分が・・・

 

 

◎ブロックにコンクリーを流して固めただけの壁(△)

◎ウレタンを張り合わせた2重構造の壁(◯)

 

 

このような戸境壁の構造によって防音性の良し悪しが決まります。

 

こちらの動画も参考になります。

【タイトル:防音マンションの実際】



 

動画のような窓ガラスはアパートよりもマンションに使用されている事が多いですね。

 

 

英語では、どういう意味?

 

家賃・構造・防音の違いは分かったけれど、アパートとマンションって外国語ではどんな違いがあるのでしょうか。

そもそもどういう意味なのでしょうか。

 

apartmentって米語]

私たち日本人が普段「アパート」と言っていますが、そもそも外国語の「apartment=アパートメント」から来ています。

そして、このアパートメントとは英語(イギリス)ではなく米語(アメリカ)からなんです。

 

このアパートメント(apartment )の意味は、建物ではなく集合住宅の一室の事です。

ちなみに建物を表す場合にはapartment house=アパートメントハウスです。

 

mansionと言うとセレブ扱いになる?!]

一方、マンション(mansion)は英語で、アパートメントハウスと同じく集合住宅の意味がありますが、

「お屋敷やお城」的な建物の意味合いになってしまいます。

ですから、外国人にマンションに住んでいる事を伝えた場合には「セレブなの?!」なんて言われてしまうかも知れませんね。

 まとめ

アパートとマンションは、築数や立地条件などによって家賃の違いは無いと言えるでしょう。

また、アパートとマンションの決定的な違いは、

木造・鉄筋などの構造や2階まで又は2階以上などの階数にあって防音性は戸境壁(隣室との壁)の構造で大方決まります。

 

普段使っている「アパート」や「マンション」は、そもそも外国語からの言葉で本来の意味と少し違っているので、

外国人と話す機会がある場合には使い方を注意したいですね。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です