読んで納得、知って得する情報サイトです

読んでトクする情報サイト

暮らし

保育園と幼稚園って似ているけどどこが違うの?

投稿日:

SPONSORED LINK

子どもが生まれて、ある年齢になると「保育園や幼稚園に入園させてあげようかな・・・。」と考えますよね。

でも、保育園と幼稚園のどっちに入園するのが良いの?そもそも保育園と幼稚園は似ているけどどこが違うの?」と悩まれる親御さんは少なくないと思います。

そこで、ここでは保育園と幼稚園を比較して違いを挙げてみました。

スポンサードリンク

保育園と幼稚園では入園できる年齢に違いがあるの?

 保育園と幼稚園、入園できる年齢から違いがあり、それに入園基準も関係があるんです。

【入園できる年齢を比較】

◎保育園・・・3歳未満~(0歳からOK!

保育園は、入園できる基準として、子供の保護者が共に就労しているなどの理由で子供の保育が十分にできない等の理由が必要となります。

また、就労だけでなく保護者がご両親(祖父母など)の介護が必要で子供の保育まで手がまわらない等の理由も認められます。

 

◎幼稚園・・・3歳~

幼稚園は3歳からの入園が可能で、基準としては、保育園と違って就労などの理由は不要となっています。

幼稚園は基本的に、教育が目的となっているので園での生活時間が短く、就労時間中の保育と言う感覚で幼稚園への入園は不都合かも知れません。

 

こちらの動画も参考になります。

[タイトル:認定こども園と保育園、幼稚園の違いとは?]



 

動画のように、保育園と幼稚園の長所を併せ持つ認定子ども園も増えつつあります。

 

【入園基準の違い】

上記にも触れたように保育園と幼稚園の基準は入園年齢と関係があります。

◎保育園・・・子供を保育する保護者が就労などの理由で子供の保育が十分にできないこと。

◎幼稚園・・・就労などの理由は不要ですが、3歳であることです。

スポンサードリンク

保育園と幼稚園は国の管轄が違うの?

 保育園と幼稚園では、管理する機関が違います。

そもそも保育園と幼稚園で子供たちを預かってくれる先生は、

それぞれ必要な資格が違うので保育園と幼稚園が根本的に違うと言う事がお分かりになるかと思います。

 

 

【国の管轄】

◎保育園・・・厚生労働省(先生に必要な資格は保育士です)

保育園は子供の保育がメインなので、保育のプロが必要と言うわけです。

◎幼稚園・・・文部科学省(先生に必要な資格は教諭です)

幼稚園は主に教育がメインなので、教育のプロが必要と言うわけです。

 

 

保育園と幼稚園は費用が違うの?

保育園と幼稚園では、保育基本料金の設定から違います。

 

 

[保育園(認可保育園・無認可保育園)]

◎認可保育園・・・主に収入で決められています個人

◎無認可保育園・・・保育園の経営者が個人的に設定できます微妙

 

 

 

[幼稚園(公立幼稚園・私立幼稚園)]

◎公立幼稚園・・・自治体で決められていますが、全国で公立幼稚園は限りなく少ないです安

◎私立幼稚園・・・幼稚園の経営者が個人的に設定できます高

 

 

※上記の文末に表したように全国的にみると、私立幼稚園が一番高く、公立幼稚園は一番安いようです。

しかし、公立幼稚園はとても少ないのが難点ですね。

 

通常保育以外に費用が掛かる?

保育園や幼稚園では、保育時間内に必須の英会話などをカリキュラムとして盛り込んでいる園もあります。

この場合、必須となっているので全園児が受講するので保育料の他に受講料も含まれています。

また、保育時間外に体操や茶道など参加を募った活動では上記の他に費用がかかります。

まとめ

保育園と幼稚園の違いをまとめると・・・

 

◎保育園・・・0歳から入園可能ですが、その入園基準として子供の保護者が就労などの理由で充分な保育ができないこと。

保育園の主旨は、保護者に代わって子供の保育をする事なので、就労が関わった国の管理としては厚生労働省となっています。

ですので、保育園の先生は保育士の資格が必要となっています。

 

 

 

 ◎幼稚園・・・3歳から入園が可能で、保育園と違って就労などの理由は不要となっています。

それは、幼稚園の主旨が教育であるからです。

ですので、教育が関わった国の管理としては文部科学省となっています。

そのため、幼稚園の先生は教諭の資格が必要となっています。

 

 

 

スポンサードリンク

-暮らし

Copyright© 読んでトクする情報サイト , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.