新社会人の自衛隊入隊研修 その内容とは!

SPONSORED LINK

今のゆとり世代の新社会人にとって、企業に入社する時、身が引きしまりますよね。

同時にどういった職場だろう、どのような仕事に従事するのだろうといろいろ思いがめぐらせ、過度に緊張もしているのではとお見受けします。

また、なかなか学生生活の習慣が抜けきらず、中には入社早々に寝坊してしまう方もいらっしゃいます。

 

その新入社員に企業は早く企業精神を学ばせ、

一人前の社会人に育て上げ戦力にすべく、実施するものがあります。

 

それは研修です。

 

今も昔も研修は存在しましたが昔は自衛隊入隊研修という研修を実施している企業がよくあると耳にしていましたが、一時、聞かなくなりました。

ところが、ここにきて再び自衛隊入隊研修を導入企業が増えています。

なぜなのでしょう。

また、どういった内容なのでしょう。

紹介したいと思います。

スポンサードリンク

ゆとり世代には厳しい研修も必要?目的は?

自衛隊の入隊研修というとみなさんどういったいどういうイメージでしょう。

厳しいイメージが付きませんか?

 

実際にその通りです。

ゆとり世代の方には特にそうではないか、と企業側は思っているはずです。

 

朝の早い起床、点呼(5~6時)から始まり、挨拶、号令と基本の動作を学び行います。

ほふく前進などのアスレチックに似た障害物を乗り越えていくというのも中にはあります。

きちんとできていない者には教官から厳しい指摘が入ります。

 

次は基礎体力作りです。

腕立て、ランニング、腹筋、懸垂などがあります。かなり厳しい訓練だと聞いています。

 

また、企業側からの要望にもある程度答えてくれるそうで、その内容も組み込まれます。

今後の抱負、訓練の感想等のスピーチをする場合などみんなの前での発言の機会が与えられる場合が多いです。

 

あとは自衛隊員と同じです。

清掃、ロッカーのかたずけなど厳しいと聞きます。

ベットメーキングもあります。

 

新入社員でも体力のない人、生活習慣が乱れていた人にとってはまさに地獄の訓練といえます。

こちらの動画をご覧下さい。 



 

どんな効果があるの?

学生の頃、怠けた生活習慣を送っていた人はこの合宿によって変わるといわれています。

また、厳しい訓練をやり遂げたときには、達成感やグループとしての連帯感が生まれます。

 

一人の精神力の強い社会人、企業人間が生まれるのです。

ゆとり世代にとっては特に大きな成果です。

スポンサードリンク

まとめ

楽しかった学生生活を送った方も多く、新しい季節、生活を迎えたからと言って考え方、生活習慣をガラッと変えることは困難です。

自衛隊訓練のような厳しい訓練を経験して、学生生活の頃に生ぬるいといえる生活を変えましょう!

 

叩き直される場に身を置くことにより、社会人としての基本や人格形成を行えるチャンスです。

厳しい訓練ですが、新しい仲間と乗り越え会時の達成感はかけがえのないものとなります。

参加するときには弱気ばかりにならず、積極的に前向きな気持ちで挑みましょう。

得るものがおおきいですから。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です