新入社員研修の内容が気になる!合宿をする?英語研修が増えている?

SPONSORED LINK

いつもの春ではありません。

新社会人として初めて迎える春となるのです。

そして新入社員として新しい職場に従事するにあたって行われることがあります。

それは多くの企業で実施されている研修です。

 

会社員としての当たり前とされるマナーを十分にマスターしていますか?

不安に思っている方のために会社側は新入社員研修が用意しています。

新入社員研修に向け、研修内容を確認し、研修の目的意識をしっかりもって挑みましょう。

スポンサードリンク

 新入社員研修とは?

新入社員研修とは、新入社員に対し、

 
その入社する会社組織で業務を行うにあたり、必要なビジネスマナーやスキルを学ぶために行う研修
 

です。

 

殆どの場合、入社して間もなく行われることになります。

企業規模や業種によって様々な合宿が用意されているわけで、合宿を行う企業等もあり、一概にどういった内容の研修が行われるかは言えません。

事前に研修内容を確認し、目的意識を明確にすることが重要です。

 

こちらの動画も参考になります

【新入社員研修】仕事に対する動機づけを図る初期教育



 

合宿をする研修が増えている?その理由とは?

新入社員の前は当然ですがみな学生でした。

学生の頃はそれぞれかもしれませんが個々で活動することが多かったのでと思います。

それは企業側も感じているみたいですね。

 

宿泊の合宿研修でしか学べないことがあります。

それは仲間意識を高め、コミュニケーションスキルを学べることです。

企業側にとって一番求めるスキルではないでしょうか。

 

英語研修の増えている?

グローバル企業は大企業、中小企業も含め多く存在しており、

それらの企業では英語を習得するのは当たり前にもなってきています。

スポンサードリンク


そのため、新入社員においては英語力は養っておいて欲しいものです。

英語力を身に付け、幅の広いビジネスを手がけることができる社員を企業側は欲しいのです。

 

今後ますます国内ではマーケット規模が縮小していくことが予想されています。

グローバルに戦える人材をどれだけ確保できるかがこれからの企業にとって武器になるといっても過言ではないのです。

まとめ

学生気分が抜けない社会人は企業側は必要としていません。

それが正直な企業側の思いです。

 

早期に企業方針・理念を理解習得させて、グローバル人材を育成していくのが今の日本企業の方針とも言えます。

新社会人の人たちも企業側のニーズをよく理解し、仲間意識とコミュニケーション力をもって早く、一人前の社会人になろうではありませんか。

 

それが自分のためでもあり、会社のためにもなるのです。

また、日本のためにもなるといえるかもしれませんね。

 

早く一人前の社会人になって新社会人から卒業しましょう。

そして、会社、社会から求められる人材になりましょう。

スポンサードリンク


 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です