受験うつが増えている?どんな症状?治し方はある?

SPONSORED LINK

 「受験うつ」あまり聞いたことのない言葉でしたが最近、

未成年の受験生の間で増えてきているそうです。

 

お子様の様子が変化し、2週間ぐらいずっと治らない場合、受験うつを疑ってももいいのかもしれません。

受験うつの症状と回復するための治し方を紹介したいと思います。

スポンサードリンク

 「受験うつ」とは?

「受験うつ」といってもあまり聞いたこともないので特殊なことなのかなといいますとそうではありません。

確かに、通常のうつ、つまり、何をやっても気分の落ち込みが激しくやる気が出ない、

といった症状ではありません。

分類的には最近、よく耳にするようになった新型うつ病の部類にはいります。

受験勉強をしても、

なかなか覚えられない、

勉強が手につかない、

受験のことを考えると自殺願望がでる、

など心的症状は様々、体の症状もあります。

スポンサードリンク


あまり寝つきが悪い、疲労感が強いなどの症状です。

しかし、自分の好きなことには興味もあり、やる気も沸くのです。

ここが通常のうつとは異なるところです。

こちらの動画も参考になります。


治し方を教えて

受験に対して過剰なプレッシャーがかかっている、

例えば、親は有名国公立大学に合格することを望んでいるのに、今の自分の成績では難しいとか考えてしまう、

つまり、現状と理想のギャップに苦しんでいる状態と言えます。

このようなお子様は自尊心が非常に高く、その自尊心を保てる状態でない、成績が思わしくないことから起こるのではと言われています。

 

治療法としては、子供の自尊心を保つべく、不得意科目の勉強から一旦離れ、得意科目の勉強をさせて、成績をUPさせること、

過剰なプレッシャーからくるものなので、そのプレッシャーを解放すべく、

親があまり成績などのことでプレッシャーをかけるべきではないのです。

 

子供が原因ではなく、親が主だった原因の場合も多いと聞きます。

2週間以上たっても、治らない場合は心療内科の通院をおすすめし、専門医に相談してください。

運動や家族の理解が大切

お子様が受験勉強のことばかりを考えるのではなく、たまに、軽い運動ができる環境が良いといいます。

気分転換が大事ということですね。

受験勉強のことばかりをずっと考えては悪影響が出て新型うつ病になりやすいということです。

また、先程も言いましたが、親の過小な期待も問題だと言われています。

子供のことを思うのであれば、見守ってやるぐらいの覚悟が子供の受験には必要なのかもしれません。

親の考え方の転換も大事と言えますね。

 

 

受験勉強はただでさえ、ストレスが抱え込みやすく、不安な心理状態です。

その状態が過剰なほど持続すると新型うつ病にかかりやすいと言われています。

たまに、運動をするように促したり、一緒にするのもよいでしょう。

 

親がプレッシャーを子供にかけすぎないことがとても大切です。

子供の自尊心を傷つけないようにすることが大切と言えます。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です