読んで納得、知って得する情報サイトです

読んでトクする情報サイト

健康 暮らし 時事問題

春はうつ病になりやすい?その原因と対策をご紹介

投稿日:

SPONSORED LINK

春は社会人にとっては転勤や移動などの新しい職場、学生さんでしたら、入学や新学期が始める季節です。

どんな雰囲気、環境の職場、教室だろうと期待する反面、嫌な上司、同僚がいないかや友達ができるかなど、心配も尽きないはず。

 

その春の季節にかかるうつ病があるそうです。

 

原因と対策を立てて、健康管理をバッチリとしたいですね。

スポンサードリンク

どうして春にうつ病になりやすいの?

春にうつ病にかかる原因は大きく分けて2つ考えられています。

まず1つ目です。

春に迎える新しい環境になじめるかと悩んだり、実際にすぐに馴染めなかったりと心的な要因です。

新しい環境でうまく、上司、同僚と馴染めない、気軽に話せる友達がいないなど悩みが増えてしまう季節と言えるのです。

 

頑張ろうとする反面、不慣れな環境を目の前にし、上手く対応できないとなると、

ストレスでよく眠れず、

日中に眠気が襲う、

お腹が痛い、

熱っぽい、

フラフラするなど

自律神経のバランスをくずしてしまい、

何をするにもやる気がどうしても起きない深刻なうつ病へと発展するのです。

 

次に2つ目ですが気候の急激な変化によるものと考えられています。

冬から暖かい春へと季節は変わりますが、三寒四温など、急激な気候の変化に体がついていけず、自律神経がくずれるのです。

 

症状は上記と同じで、最終的にやらなければならないことに対し、

やる気がどうしても出てこない、できないという深刻なうつ病へなっていくのです。

スポンサードリンク

春うつ病にならないための予防法はある?

対策ですが、うつ病はなる人とならない人がいます。

要するに性格によるものが大きいといえるのです。

新しい環境にすぐになじまないのは当たり前だと考え、

自分自身の周りの人にも気を使わず、気軽に話しかけ、それがうまくいくと成功体験となり、対応方法を学んだことになります。

何事も深く考えず、おおらかに生きようとしてみてください。

 

また、うつ病は神経伝達物質であるセロトニンの異常からくるものだといわれますので、

規則正しい生活を送る(睡眠をよく取る)、

日光をよく浴びる、

適度な運動をする、

タンパク質をよくとる

などするとよいそうです。

まとめ

環境の変わる季節の春、不慣れなのは当たり前なのです。

しかし、それを深く考えてしまうのが人間です。

うつ病になると辛い毎日が待っています。

 

くよくよせず、新しい環境へのなじみ方を学び、

うつ病になりにくいストレスのかかりにくい人間になりたいですね。

春の季節は自身の心の持ちようで楽しくもなり、ストレスを感じる季節にもなるのです。

できるだけ、あまり深く考えず、一日々をおおらかな気持ちで過ごすようにしましょう。

スポンサードリンク

-健康, 暮らし, 時事問題

Copyright© 読んでトクする情報サイト , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.