乾燥を防ぎたい 加湿器無し部屋を加湿させる方法  

SPONSORED LINK

冬の季節、特に気をつけたいのが乾燥です。

女性でしたら特にお肌の保湿にも悪くなり、

また、風邪のウィルスも蔓延しやすくなります。

そのために加湿をして乾燥を防ぐのです。

 

でも、「加湿器を購入」とすぐに考えてしまうかもしれませんが少し待ってください。

生活のちょっとして工夫で加湿することが可能だからです。

加湿器購入費用の節約になりますよ。

スポンサードリンク

なぜ加湿が必要?

冬の寒さ、エアコンなどの暖房器具が活躍する季節です。

それに伴い、乾燥、低湿度を招いてしまいます。

低温時では空気中の水蒸気は少ししか存在することができません。

 

それが、暖房器具で室温を温めると、空気中の水蒸気量は変わりませんが温度が上昇した分、

その空気中に存在できる水蒸気量は増えることになります。

 

しかし、もともとの水蒸気が少ない分、水蒸気の空気中に含まれる量は低い状態、

つまり、湿度が低い状態となるのです。

 

ウィルスは乾燥状態を好みます。

例えば、インフルエンザの予防に適した湿度は50~60パーセントといわれています。

 

冬場に室内で暖房器具をつけ室温を上昇させると簡単にこれよりも低い湿度になります。

そのため、加湿が必要なのです。

以下は各種、予防となる湿度の目安の値です。

 

 

インフルエンザの予防湿度の目安:50~60%

お肌の乾燥予防湿度の目安    :55~65%

 

スポンサードリンク

 濡れたバスタオルを部屋に干す

加湿は少しの工夫で簡単にできます。

まず挙げられるのがこれです。

既に実行されている方も多いかもしれませんね?

 

 

まずバスタオルを濡らします。

これより小さなフェイスタオルはおすすめできません。

(冬の室内の乾燥は激しく、フェイスタオルだとあまり加湿効果が期待できない場合があります。)

そのバスタオルを絞り、ハンガーに吊るし、一晩すると、完全に乾いていたりするのです。

 

 

お手軽で、お金もかからず、これで加湿ができるのです。

簡単な方法ですね。

オススメします。

 

コチラの動画も参考になります

100均DIY 簡単&エコで可愛いフェルト加湿器の作り方



 

フローリングの床を水拭きする

フローリングの住宅にお住まいの場合、

試してみては。効果がわかります。

 

 

まずは雑巾を濡らし絞ります。

この時固めに絞ってください。

水が下垂れ落ちるぐらいですと、乾燥するのに時間がかかってしまいフローリングが変色してしまう場合もあります。

 

 

この方法は家具の椅子など移動したりと手が込んでしまいますが、

同時に床も綺麗になり、また、床拭きは体をかがめての作業になりますので結構な運動、体力を使います。

運動不足の解消にもなるかもしれませんね。

そのため一石二鳥ではなく、三鳥になります。

ためしてみてはいかがですか?

加湿する際の注意点

快適な室内の湿度は一般的に40~60%と言われています。

冬に暖房をつけて窓を見てみるとすぐに気が付くことがあります。

結露の発生です。

 

日本の窓は外気の温度が伝わりやすい金属製のサッシをよく使用しています(海外では樹脂も多く使用されています)。

室温を暖房器具で温めたとしても、窓周辺の温度はどうしても外気温の影響で低下します。

湿度が高すぎるとこの室温と窓部の温度差の影響で結露も大量発生してしまうのです。

 

結露は、カビやダニの発生にもつながり、

それを人間が吸い込む危険もありますので健康に良くありません。

加湿のしすぎは注意が必要です。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です