読んで納得、知って得する情報サイトです

読んでトクする情報サイト

健康

顎関節症の治療は自分で出来る?そのやり方をご紹介

投稿日:

SPONSORED LINK

顎関節症で苦しんでいる人が多いと聞きます。

女性の人が患者が多く、

また、日本人では2人のうち1人経験すると言われています。

 

口を開くとあごから「カクカク」と音が鳴ったり、

痛くてほとんど口が開かなくなったりと実生活にもかなり影響がある顎関節症

 

みなさんが心配されている治療費や自分でも治す方法など調べてみることにしました。

スポンサードリンク

顎関節症とは?

顎関節症といっても症状は色々。

まず、あげられるのは「口を開けることができない」症状でひどくなると先程も書いた通り、

食事にも満足に出来なくなってしまいます。

 

また、「噛むと痛みがひどくて硬いものを食べることができない」というのもあるようです。

スポンサードリンク


「ゴリゴリ、カクカク」とあごを動かすと音が出る症状や「頭痛、肩こり」などの症状もあるそうです。

これではまともに喋ることや笑うこともも難しそうですね。

実際にそういう方もいらっしゃるそうです。

病院で治す際の治療費はどれくらい?

治療費と言いましてもその症状の程度、治療方法により様々です。

まず、歯科医での治療では「歯を削る」のがあげられます。

この費用は

数百円から2000円程度です。

 

つぎに、矯正です。

これは高額になってしまい

100万円前後すると言われています。

保険は適応外となります。

 

次に外科療法によるものです。

これはどの手術をするかで異なるのではっきりということはできませんが、

保険適用内(3割負担)で800080,000円程度です。

 

病院によっても異なると思いますので疑わしいと思えば、

まずは問い合わせ診断してもらうことをまずはオススメします。

関連記事

あごのしゃくれを治したい方に読んでほしい

自宅で治すやり方を教えて

症状が軽微な場合もあります。

このような場合は自分で症状を緩和させ、治す方法もあります。

 

顎関節症はいわば

顎とその周辺部とのズレ、歪みからくるものです。

すので、姿勢を普段から気をつける、姿勢を矯正することが大切です。

 

次に痛みの緩和については湿布も効果的です。

温湿布と冷湿布の使用があります。

通常の慢性的な顎関節症によるものは温湿布で対応します。

 

慢性でなく、急性なものでしたら、患部を冷やさなくてはいけません。

冷湿布となります。

また、顎の筋肉の痛みを伴いますので、やさしくマッサージし、

血流を良くすることでこわばった筋肉をやわらげ、

痛みを解消することも可能な場合があります。

 

軽微ではない場合もありますので、まずは病院へ行くことをオススメします。

顎関節症を自分で治す矯正法を紹介している動画もありますのでご参考にして下さい。


まとめ

顎関節症は症状が酷くなると口がうまく開かなくなり、

食事をとるのに支障がでたり、ひどい痛み、頭痛、吐きげを伴うこともあります。

 

症状も軽い場合は自分自身で治療が可能な場合もあります。

しかし、根本的な原因がわからない自分での治療は不安が付きまといます。

本当に軽微なものならばよいのですが、

そうではなく、治療方法が根本的に間違っていたとなるといつまでたっても治りません。

 

病院に行って見てもらうことをまずは勧めます。

治療費の心配もありますが、

殆どの場合、保険適応で治ります。

外科治療を伴う治療の割合はほんの数パーセントだそうです。

 

また、軽微なものであった場合は安心感を得ることもできます。

長い人生ですから、悩み続けず、病院で早い段階で診てもらい、早い完治に努めましょう。

軽微なものであれば、自分で治せる、

そうでない重症なものは病院で完治です。

スポンサードリンク

-健康

Copyright© 読んでトクする情報サイト , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.