左の肋骨一番下が痛い 何科に行けばいい?考えられる症状は?

SPONSORED LINK

カラダに不調が現れたとき、心配ですよね。

目で見てわかる症状であればまだ不安も大きくないのですが

体の内部の痛みでは心配も尚の事おおきくなるでしょう。

 

素人判断ではわからない内臓疾患の恐れもありえますから、

自己判断するのではなく、すぐにお医者さんに見てもらいましょう。

 

原因がわかっただけでもストレスの緩和になり、

問題がなければ早くスッキリした気持ちとなることができます。

スポンサードリンク


左脇腹、助骨の一番下に痛みを覚えたこと、ありませんか?

運動をした時にも覚えがありますよね。

内蔵の痛みになりますので心配です。

何か悪い病気の可能性もあったりするのでしょうか?

 

調べることにしました。

 

どんな病気が考えられる?

まずは大きく2つのカテゴリーに分けて説明させてください。

神経痛によるものと内臓疾患です。

神経痛によるもの

 

 

・肋間(じょかん)神経痛

内臓疾患によるもの(たくさんあげることができてしまいます。)

・胃潰瘍や十二指腸潰瘍

・急性すい炎

・胃潰瘍、十二指腸潰瘍

・すい臓がん

・尿管結石

・婦人病

・すい臓疾患

 

 

痛みの原因は?

痛みの原因を書いていきます。

神経痛について

肋間神経痛についての主な原因は肋間筋に伴うものです。運動不足や疲労なども挙げられますが一番心配なのがストレスが原因の場合です。

内臓疾患について

・胃潰瘍や十二指腸潰瘍の場合

ストレスやピロリ菌の影響が考えられます。

・急性すい炎の場合

お酒の飲み過ぎです。

または、胆石によるものですい液の出口を塞いでしまうことから発症します。

・尿管結石

尿道に結石ができて生じる痛みによるものです。

・婦人病

子宮や卵巣トラブルによるものです。

 

 

こちらの動画も参考にして下さい。

脇腹が痛い時の対処法


予防法はある?

神経痛について

肋間神経痛についての主な原因からもわかるとおり、

運動不足の解消が挙げられます。

 

また、ストレス性の原因の場合は睡眠をよくとる

ストレスの根本的な原因を解消するなど、

ストレスを貯めない生活を心がけるのが予防法と言えるかと思います。

スポンサードリンク


内臓疾患について

・胃潰瘍や十二指腸潰瘍の場合

ストレスやピロリ菌の影響が考えられますので

上記で上げたようにストレス緩和に努めることや

ピロリ菌については病院で薬を処方してもらうことが効果的です。

 

・急性すい炎の場合

お酒の控えましょう。

または、胆石によるものでは高ステロールな食事を避けるといった食事に気をつけることです。

 

・尿管結石

プリン体を多く含む食事を控える、

ストレスも原因となることがあるのでストレス緩和に努めることです。

 

・婦人病

子宮や卵巣トラブルは食生活の欧米化、

出産回数の低下が関係すると言われています。

 

左の肋骨一番下が痛い原因は様々であり、素人判断は禁物です。

大したことはないと考え気がついたときには大病を患っているときもあり、

発見が遅くならないためにも、病院へ相談することを強く薦めます。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です