読んで納得、知って得する情報サイトです

読んでトクする情報サイト

暮らし マナー

ネクタイの長さにもマナーがある?長さを上手に調節する方法

投稿日:2016-02-09 更新日:

SPONSORED LINK

朝、出社する時や、冠婚葬祭のとき、

ネクタイをしますよね。男性でしたら。

 

その時、結構ネクタイが長くなりすぎたり、

逆に短くなりすぎたりとネクタイの長さを上手に調整するのが難しいとき、ありませんか?

 

わたしはよくあります。

 

長さが適した位置でないと、だらしなく見え、

それはマナー違反となるとも考えられますよね。

 

そんなだらしない、マナー違反の人に見られたくはありません。

スポンサードリンク

ネクタイの長さに関するマナーとは?

ネクタイの長さ、どんな場合があるでしょうか?

 

ネクタイの前の方が短くなり、後ろのネクタイが長く出てしまう状態、

逆に表が長くなりすぎる場合もありますね。

 

あとネクタイの素材と結び方によっても長くなりすぎたり、短くなりすぎたりします。

 

まず、ネクタイを購入時にきちんと確認することもオススメします。

ネクタイが長さがきちんとしていない人、

その人はどのように見えてしまいますか?

 

仕事ができる人にみえますか?

 

ちがいますよね。

だらしなくみえますよね。

マナー違反です。

指摘をしてくれる人もなかなかいないでしょう。

 

ベルトの下まで長く伸びたネクタイを気づかない人、

気にしない人、

そんな人が仕事の相手先の方だった場合、

その人の印象はどうですか?

 

わたしでしたら信用することができません。

非常識な方だと感じてしまいます。

スポンサードリンク

ネクタイの長さを調節する方法

ネクタイの長さ調節が難しく、何度か結び直す場合もありますよね。

ネクタイの長さを調節するコツがあれば知りたいです。

調べてみることにしました。

 

ネクタイの生地の裏側にご注目ください。

生地の縫い目があるはずです。

それを目安にすればいいとのことです。

 

首の太さも身長も人それぞれではっきりしたことは言うことはできないのですが、

この継ぎ目がネクタイを結ぶときに、

どの辺にくるのか覚えておくことをオススメします。

 

例えば、

ワイシャツのボタンの3番目から4番目の間だとかいった具合にです。

こちらの動画を参考にして下さい



 

丁度良い長さを教えて

長すぎず、短すぎずと何回かネクタイを身に付けているとなんとなく、

どの辺がしっくりくるのかわかってきますが、

一般的にはベルトのバックルの半分ぐらいのところにネクタイがくるように、とのことでした。

でも細かく気にする必要、定規なんて必要ありませんよ。

大体でいいのです。

だいたいベルトのバックルぐらいということで・・。

それだけでマナーばっちりです。
 

 

 

身長によって長さが変わる?

身長が190mmの人と150cmmの人がいたとします。

ネクタイ自体の長さは同じです(一般では140cmm前後が多いとされています)。

 

先程も言いましたようにネクタイの位置はベルトのバックルぐらいです。

ということはネクタイを身につけた時の長さはだいたい首から腰までの長さといえます。

 

このふたりの首から腰の長さは異なりますよね。

身長によってネクタイが見える部分の長さは変わる

当然ですよね。

 

私も新社会人になったとき特に、

ネクタイの長さ調節に苦労した記憶があります。

何度かやっているうちにおのずと慣れはします。

 

しかし、長さ調節のコツを知っていたほうがきっとはやく、

うまく結ぶことができたでしょう。

いまでもうまくいかないときがありますからね。

 

これから一度でやり直すことなく結ぶことができるようになるでしょう。

スポンサードリンク

-暮らし, マナー

Copyright© 読んでトクする情報サイト , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.