読んで納得、知って得する情報サイトです

読んでトクする情報サイト

健康 暮らし

逆流性食道炎は肥満が原因? チェックの仕方とその対策

投稿日:

SPONSORED LINK

最近食生活の欧米化等により、

以前よりも逆流性食道炎の患者が増えていると聞いたことがあります。

 

いわゆる、あの脂っこいも物を食べた時などに起こる胸焼けというものですね。

 

これが慢性化すると大変つらい症状となり、

つねに

胃もたれ、胸焼け、吐き気、喉の痛み

に悩まされることになります。

 

原因は胃の中の強酸性の

胃液が食道に逆流して起こる、胃酸による食道への炎症です。

胃は強酸でも耐えることが出来るみなさんもご経験ありませんか。

 

酸っぱい胃液が口までこみ上げてきたことが、

それが慢性的に生じるようならばあなたも疑ってみてもよいかもしれませんよ。

 
スポンサードリンク


逆流性食道炎の症状とは?

食道から胃に飲食物が入る場所に

下部食道括約筋(かぶしょくどうかつやくきん)がありますが

それは胃酸が食道に逆流しないように弁の役割を果たしています。

 

その働きが加齢等により弱まり、弁の役割が果たされなくなると、

胃酸の逆流が起こりやすくなります。

 

そして、胃が何らかの原因により、

圧迫され、強酸性の胃液が食道に逆流してしまうことで生じるのが食道の炎症、

このことを逆流性食道炎といいます。

 

それが慢性化するとそれはとてもつらい病気となります。

 



 

に詳しい解説があります。

 



肥満やストレスが原因?



上記でも触れましたが、

胃を圧迫すると中にある胃酸が胃の入口から逆流を起こし、

食道に炎症を起こしてしまいます。

 

その胃を圧迫してしまう原因は様々ですが

1つに肥満による胃の圧迫があります。

スポンサードリンク


肥満することによりその脂肪で胃が圧迫されるのです。

肥満は様々な健康障害をおこしますね。

 

また、

胃酸による食道の炎症が原因ですので

強いストレスもひとつに上げることができます。

 

胃酸が逆流するとこのストレスにより食道が過敏に反応してしまい、

強い胸焼けの症状が生じます。

これが慢性化するとつらい食道炎となります。

 


チェック方法を教えて

食道炎のチェックの方法はまず、

先程も触れましたように、

強い胸焼けが慢性化しているかどうかです。

 

また、

食後の胃もたれがひどい方の場合もあります。

ゲップがよく出る方もいらっしゃるようですよ。

 

食道炎がひどくなると食道自体に違和感を感じる、

痛さを感じることもあるそうです。

 

直接的ですが胃酸が食道に上がってくる感覚があり、

それが慢性的で喉に違和感があると食道炎の可能性が大きいと言えますね。


対策の仕方

対策は原因にもよりますが、

胃が圧迫することが原因であれば肥満の防止

下部食道括約筋が弱っている加齢者の方は特になるべく胃に負担をない姿勢を心がけることが挙げられます。

 

 

食べ過ぎでも食道炎になる可能性が高くなります。

お腹がいっぱいまで食べず、腹八分目になるように心がけることも大切です。

暴飲暴食に注意ということですね。

 

あと、食べ物の種類、脂っこいもの、タンパク質の多い食べ物など、

消化の悪いものはなるべく避けることも挙げられます。

 

また、酸っぱい食べ物などの刺激物も避けましょう。

 

先程も書きましたが

ストレスも大敵です。

 

ストレスを抱え込まない生活をするように心がけましょう。

気分転換が大切だということですかね。

 

でも気分転換に食べ過ぎては身も蓋もありませんよ。

 
私もストレスで食道炎のような症状に見舞われる毎日をすごしていたことがあります。
 

考え方を変えたりと色々とストレスを抱え込まない工夫することで改善されていきました。



体に優しい、胃に優しい生活を心がけましょう。

肥満もダメですよ。

欧米化された食生活の改善が大事なのかもしれませんね。

スポンサードリンク

-健康, 暮らし

Copyright© 読んでトクする情報サイト , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.