しもやけの治し方を教えて

SPONSORED LINK

寒いこの時期しもやけやカサカサ肌など

お肌には気をつけたいことが多いですね。

しもやけは凍瘡(とうそう)と呼ばれ、

手足に症状が出ることが多くあります。

頬が赤くなりカサカサしてかゆみを伴うのが特徴ですね。

この冬の時期に多いことから

しもやけは季節病とも言われています。



 

こんな症状の時には注意して下さい。


  • 手足が赤く腫れてくる
  • 手足の指や、手のひらに赤い発疹が出てくる
  • 暖かいときはかゆくなり、寒いときは痛くなる
  • 手足の指が赤黒く変色している
  • 靴をはいたり、歩くときに痛みを感じる


しもやけには



手足全体が真っ赤に腫れ上がる「樽柿型」







手足の指や足の裏など体に赤い発疹が出てくるような

「多形滲出性紅斑型」



の二つがあります。

毎年悩まれるこの季節しっかりと対策をして

少しでも快適に過ごしたいものですね。

 

関連記事はコチラ

花粉症の頭痛 倦怠感やだるさへの対処法は?

スポンサードリンク

しもやけの原因は?

しもやけは一日の温度差が原因と言われています。

皮膚表面の温度が上がったり下がったりすることで、

しもやけになりやすくなってしまいます。

昼夜の気温の差が激しい冬に

しもやけになられる方が多いです。

体質的にも冷え性の方などは、

しもやけになりやすいですので注意して下さいね。

 


手と足のしもやけの治し方


  • 漢方やビタミンE剤
しもやけの治療には漢方やビタミンE剤を服用する方法があります。

ビタミンEには血行を改善させる働きがあるからです。

皮膚科に受診して専門の先生に相談してみるのも良いですので

重症化する前に早めに受診するように心がけましょう。

 
  • 市販のしもやけクリームを塗る
薬局等ではヘパリン類似物質が配合されたクリームが販売されています。

またかゆみに効果があるステロイド外用剤などの塗布薬もありますので

薬剤師がいるような薬局で相談してみるのと良いです。

そういったクリームを塗ってもあまり効果がない場合には

皮膚科に受診して相談してみてください。

 
  • 足湯機を活用
最近は足湯専用の機械が電気店などで売られています。

お湯を使って患部を暖めることも効果がありますので

使ってみるのも一つの方法です。



しもやけの予防法

しもやけはきちんとした「予防」をしておくことで

防ぐことができます。


  • 長時間体を冷やさない
冷えることで血行が悪くなりしもやけになってしまいます。

外出時にはマフラーや手袋を着用したり、

カイロを使って暖かくすることが大切です。

 
  • 濡れたらすぐに拭く
外に出て濡れたままにしておく体温が奪われて

手足の冷えやすくなります。

すぐにタオルで拭いたりして乾かすことが大切です。

また靴下をこまめに変えることで

足先のしもやけ予防になります。

靴下もマイクロファイバーなど暖かい素材が売られていますので

そういった物を選ばれると良いと思います。

 
  • 炊事洗濯などはゴム手袋を着用して
素手のまま食器洗いなど行うとしもやけの原因にもなります。

お湯を使って洗うこともあると思いますが、

温度差によっては強いかゆみがでることもあり

ゴム手袋を着用して行うと良いです。

 
  • よくマッサージをする
予防には血行を良くすることが大切です。

一日に何度か足先や手足をマッサージすることで予防効果があります。

足全体を揉みほぐしながら

入浴時などに行うことで効果があがります。

こすったり掻いたりすると逆効果になることがあります。

優しくマッサージするようにしてください。

 
  • 血行を良くする効果のある食べものを
ビタミンEが不足すると体の冷えの原因になります。

血行促進させる働きがあるビタミンEを多く摂取する

ビタミンEが多く含まれる食材

モロヘイヤ、ウナギ、ナッツ類、植物油

かぼちゃ、明太子、ほうれん草など

ビタミンEは加熱調理してしまうと弱いので

そのまま食べるようにする方が良いです。



意外と知らない方がおられますが、

マスクを一つ着用するだけで口元が暖かくなり予防にもなります。


まとめ

すぐに治す方法はありませんが、

継続して毎日できることを続けていくことが

一番の効果があるようです。

暖かくすることはもちろんですが、

ビタミンEを含む食材を食べるようにしたりすると良いです。

また緑黄色野菜に含まれるβカロチンやビタミンCを

合わせて摂取することでビタミンEの吸収率が高まると言われています。

 こちらの動画もどうぞ↓

この時期必見、しもやけ対策



冬の寒さが辛い日でも、

ちょっとした対策を積み重ねていくことで

しもやけ予防をして下さいね!

スポンサードリンク


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です