梨は栄養豊富の食べ物 皮ごと食べるのが良いみたい 

SPONSORED LINK

梨は栄養なさそうなイメージがありますが、それは大間違いです。

梨は栄養豊富で、色々な効果があるのです。

美容効果があったり、デトックス効果があったり、それも皮ごと食べると効果がアップします。

今日はそんな梨について解説いたします。

スポンサードリンク

皮ごとたべるのがオススメ!

梨の成分の90%は水分で、ビタミンは少ないですがカリウムや食物繊維、アスパラギンなどが豊富に含まれています。

梨の栄養は皮の部分に一番多くつまっており、皮をむかずに食べる方が効果は大きいです。

 

果物の皮には防菌、防虫効果があり、抗酸化作用などが含まれています。

防菌防虫効果は食べると肌のトラブルに効果的で、ニキビや肌荒れに効きます。

また皮の内側には一番多くの甘みが含まれており、芯に近づくほど酸味が増します。

皮ごと食べた方が体にとっても良く美味しく食べれると言えるでしょう。

 

デトックス効果がある



暑い時期になると大量に汗をかき、体内の水分やミネラルが体の中から不足してきます。

その中でもカリウムが不足すると体内の塩分バランスが崩れてしまい、体がむくんできます。

 

梨にはカリウムが多く含まれており、体内の塩分バランスを整えてくれるもとになるでしょう。

梨に含まれているソルビートは糖の一種で便を柔らかくしてくれる効果があります。

食物繊維も多く含まれており、便秘を解消してくれて体の中を綺麗にする効果があります。

 

また梨にはプロテアーゼというタンパク質分解酵素が含まれています。

梨はお肉などを柔らかくさせる効果があり、肉料理などでも一緒につけ込んだりして使われます

柔らかくさせることで消化も良くなりますので、体に吸収されやすくなります。

 

二日酔いにも効果がある

二日酔いで喉が渇くときには梨を食べるのがオススメです。

梨には体内の水分調節を行うカリウムが多く含まれ、

カリウムは体の熱を下げる解熱効果があります。

 

東洋では古くから梨の絞り汁を風邪薬として使われてきました。

梨は肝臓を保護し、食物の消化を助けてくれると言われています。

利尿作用もあるため、二日酔いや体のむくみにも効果的です。

ビタミンなどは少ないですがアスパラギン酸が含まれており、疲労回復にも効果があります。 

スポンサードリンク

おすすめの美味しい食べ方

こちらの動画を参考にしてください

白ワインとハチミツDE☆和梨のコンポート 



一番のオススメは「梨のコンポート」です。

作り方はとても簡単で、

 

 

鍋に水とハチミツを入れて、食べやすい大きさに切った梨をショウガと一緒に煮込みます。

20分くらいに立てて完成です。

 

 

甘くて美味しいコンポートができあがります。

ハチミツでつくるコンポートは風邪の時にも効果的で、咳止め効果などがあります

冬場にはとっても重宝するおやつで、子ども達にも大人気です。

 

「梨のシャーベット」こちらも簡単で、すぐにつくれちゃいます。

しかも材料は梨1個のみです。

 
作り方は梨をすり下ろして、冷蔵庫で凍らせるだけです。
 

簡単すぎてゴメンナサイ。

でもこれはとても美味しいです。

皮ごとすりおろして大丈夫ですし、火を使わないので梨が持っている栄養素を壊すこともありません。

どうしても加熱をしてしまうと、本来もっている栄養素が半減してしまったり無くなってしまうので、

なるべく加熱しないで食べるようにした方がよい効果を得られます。 

スポンサードリンク


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です