蚊に刺されやすい人の特徴は?性別や食べ物で違う?

SPONSORED LINK

夏の時期など外に出て困るのが虫さされです。

特に蚊はどこにでも潜んでいるので気を付けていても刺されてしまうものですよね。

 

蚊に刺されやすい人の特徴って本当にあるのでしょうか?

また性別や食べている物でも違いがあるのか調べてみたいと思います。

スポンサードリンク

蚊に刺されやすい人の特徴は?

蚊はいつでもヒトを刺すわけではなく、ヒトの血を吸い取るのはメスのみです。

通常は花の蜜や樹液を吸って生きていますが、

産卵時になるとカロリーや栄養を必要とするためにヒトや動物から血を吸い取ります。

 

蚊はどうやってヒトを認知しているのかというと、ヒトの吐く二酸化炭素や体温、汗などの匂いに反応してターゲットを決めています。

息を沢山吸ったり吐いたりしている

運動直後の人や、

太り気味でよく汗をかいている人、

体臭がある人、

妊婦さん

なども代謝が高いので刺されることが多いと言えるでしょう。

 

また化粧品や香水の中には蚊が好むものもありますので、逆に引寄せてしまう結果になることもあります。

蚊は白色と黒色の二色しか感知することができず、いわばモノクロの世界を見ています。

 

蚊は濃い色を好み、黒色などを着ている方が明るい色の服を着ている人よりも刺されやすいと言われています。

また血液型で蚊の吸血行動を調べている研究者もいますが、まだ因果関係は解明されていません。

スポンサードリンク

女性と男性どっちが刺されやすい?

女性と男性だと、男性の方が蚊に刺されやすいと言われています。

考えられる原因としては汗をかきやすい、体臭がある、よくお酒を飲む、趣味などで屋外に出ることが多いことです。

男性は女性よりもアクティブでありますし、屋外に出てスポーツをしたり、釣りをしたり、アウトドアに出掛けることも多いでしょう。

 

また飲酒をしたり、汗をかいてもそのままにしがちなのは男性が圧倒的に多いです。

アルコールは分解する為に、二酸化炭素が多く排出されるためビールを飲んだあとは要注意です。

 

汗をかいたあともそのままにしておくと匂いが強烈なので、オヤジ臭に蚊が集まると言っても過言ではありません!

何よりも清潔にしておくことが寄せ付けない方法の1つなので、男性は心得ておきたいものですね。

 

こちらの動画を参考にして下さい

蚊に刺されない方法


食べ物も影響する?

蚊は酸性の血液を好むので肉類・糖類・脂肪分が偏った食事を摂っていると刺されやすくなります。

酸性が多くなると言われているのは、肉や砂糖、卵、乳製品などです。

 

食べてはいけないという意味ではなく、食事はバランスよく摂ることが大切で野菜や白米など通常の食事を摂っていれば、なんの問題もありません。

それが毎日油っこいものを食べて、お肉ばかり食べていると蚊がよってくる体質になっているのかもしれません。要注意!!

蚊にさされない方法は?

単純に露出が少ない人は刺されにくいです。

服装も大切でスパッツなどのような肌に密着した服ですと、服の上から刺されてしまうことがあります。

ジーパンなどは生地が強いため、虫に刺されない服として昔から重宝されています。

 

最近では虫除けスプレーなどの沢山の種類があり、虫除けのリストバンドなどアクセサリーも販売されています。

家の玄関などに炭酸水やビールなどを置いておくだけでも蚊よけになると言われています。

 

蚊はアルコールやジュースなどに集まる習性があり、人から遠ざけることができるのです。

また扇風機も効果的で風を当てると蚊よけになりますので、風邪を引かない程度に使用するのも良いでしょう!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です