カラスに攻撃されて困っている どうしてカラスは人を襲う?対処方法を教えて!

SPONSORED LINK

何もしていないのにカラスに攻撃されて困っている。通勤途中に巣があるようで通りにくい。

近所の子ども達が危ないなど、そんなカラスのことで困っていることはありませんか?

 

近年、カラスに攻撃を受ける事例も増えてきています。

どうしてカラスは人を襲うのか?また襲われた時にはどうしたらよいのか?

そんな対処方法をご紹介いたします。

 

スポンサードリンク


 

カラスに襲われやすい人には特徴がある!

 
カラスは自分の巣よりも高い所にいる人を敵だと認識して攻撃対象とします!
 

襲われる人の多くが地面より高い位置のベランダや屋上、歩道橋の上で襲われています。

特に巣を上からのぞくことができるような場所に、住んでいる人やよく通る方は注意が必要です。

 

もし数回襲われた経験がある方は、カラスに覚えられるかもしれません。

カラスは学習する生き物で、一度覚えるとその人だけを攻撃したりする行為があります。

よく衣類の色や髪の毛の色が原因と考えている方がいますが、

色はあまり関係がありません。

 

スポンサードリンク


 

人を襲うカラス側の理由とは?

カラスは子どもを守る為の警戒行動で何もないのにカラスが人を襲うことはほとんどありません。

カラスの巣に目を向けた人を、敵視してその人が巣に近づいてくるようなことがあれば、攻撃をしてきます。

巣を中心に20m〜100mがカラスの縄張りと言われており、

何気なく上を見上げて歩いているだけでも攻撃を受けてしまうことがあるのです。

カラスも自分の子どもを守ろうと必死ということが分かります。

 

カラスが攻撃する際に狙う場所は、必ず後頭部です。

くちばしでつっつくようなことはせず、足で蹴って相手を攻撃します。

カラスは攻撃する際、相手の背後から突然飛んできます。

 

中には出血をしたり怪我をされる方もいますので、注意をして下さい。

またカラスは集団で攻撃をすることはありませんので、一羽もしくはつがいのカラスに気を付けて下さい。

 

コチラの動画が参考になります↓

カラスが人を襲う!


対処方法を教えて!

対処方法としては巣に近づかずに、カラスを刺激しないようにすることが一番です。

カラスも自然の生き物ですので、あくまでも撃退しようとは思わないようにして下さい。

大きな声や音を出したりするのもよくありません。

 

ほかの方法としては傘をさすのも効果的でカラス除けに効果があります。

日中に雨が振っていないのに傘なんてさせないという方は、カラスが狙ってくる後頭部を隠すようにして下さい。

また何か棒のような物を持って歩くのも効果的です。

 

カラスが攻撃する前には前兆があり、ガーガーと濁った声で鳴いたり、口を半開きにして自分を威嚇しているような兆候があれば距離をとって立ち去るようにして下さい。

またイライラして葉をむしったり、木をつっつくような行為も注意が必要です。

悪気がなくても無意識のうちに巣に近づいてしまうことがありますので、そんな時には後頭部を守るようにして下さい!

 

カラスが人を襲いやすい時期はある?


カラスは巣立ちする7月まで子どもを守るために警戒心がとても強くなります。
 

毎年4月〜7月にかけてはカラスの被害が各所で報告されおり、増えていると言われます。

カラスが凶暴になるのは5月〜6月がピークのようです!

秋や冬にも稀に襲われたと言われる報告があるようですが、カラスが近づいてきただけで襲われたと勘違いされる方も多いようです。

まれに人にとても慣れたカラスがいて肩に止まろうとしたり、餌をもらおうと近くまでよってくる場合があります。

 

近年カラスが増えたと感じている方がいるようですが、

カラスの数が増えているのではなく、カラスの住みやすい場所にカラスが集中する傾向があるようです。

 

特に大きな森林があること、また餌となるものが多くあることがポイントで、人間の出す生ゴミの処理がずさんになっているとカラスが集中して集まってきます。

生ゴミを出す際には、しっかりと袋に入れて出したり、ネットや格子の付いたゴミ捨て場に出すことが大切になってきます!

 

▶「 暮らし 」の関連記事

 

スポンサードリンク


 

1 個のコメント

  • 私74歳になるボケ老人未だにジョイフル 本田 市原市内 に勤めています。
    簡単なカートの整理などが仕事です。この季節になると何時もカラスが電柱にす作りをします。カラスは弱い老人を対象に攻撃してきます。
    巣をとってくれと度々お願いしてるのですが取ってくれません。
    今月は合計7回襲われました。近い内に損害賠償を考えています。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です