果物の食べ過ぎは下痢や肌荒れの原因になる?

SPONSORED LINK

果物は体に良い食べ物として誰もが知っていることだと思います。

ところが体が良いと言われるものでも、食べ過ぎには注意が必要で体に悪い影響を与えることがあります。

果物の食べ過ぎにより下痢や肌荒れを引き起こす原因にもなっており、体に良いからと言って食べ過ぎるは禁物です。

そんな果物の食べ過ぎについてご紹介いたします。

スポンサードリンク

下痢を起こしやすい果物は?

ブドウや梨、柿などは消化が悪く、食べ過ぎると胃痛や腹痛を起こすこともあります。

スイカやメロンなどは水分量も多く取り過ぎると、体を冷やす原因となりますし、下痢を引き起こしやすくなります。

 

夏の時期は特にスイカなど食べる機会が多いと思いますが、ジュースを飲んでアイスを食べてそこにスイカを食べるなんてことしていませんか?

これではもう誰が考えても下痢になってしまいますよね。

 

また桃やさくらんぼなどのバラ科の果物はソルビトールという糖質が含まれており、

これは腸内でも消化吸収されにくいためお腹の調子を崩しやすいと言われています。

 

柑橘類などもクエン酸が多く含まれており腸を刺激してしまいます。

過剰に摂取し過ぎると下痢になってしまったり、体調不良を引き起こしかねませんので、注意をしてください!

スポンサードリンク

果物は食べるタイミングで肌荒れを引き起こす?

果物に含まれる水分や糖、酵素は人間の体には欠かすことができない栄養分の1つであります。

果物は人間にとっても最も消化しやすい食べ物であり、空腹時であれば30分程で消化され体のエネルギーに変化します。

 

しかし、食事の後に果物を食べてしますと問題が起こります!!

 

食事で摂った肉や魚、ごはんなどまだ消化されていない状態で、

果物が一緒になるとすぐに消化される果物が肉や魚などに邪魔され消化されない状態が起こります。

 

消化されずに長時間胃に留まると、胃の中の熱で果物が腐敗し腐った状態になります。

そのまま消化されずに腸まで届くと、毒素が発生し体に悪影響を及ぼしてしまいます。

これが、体内環境を悪化させ肌荒れを引き起こしてしまうのです!

 

こちらの動画も参考になります↓

果物はどのタイミングで食べれば良いのか?


果物を食べ過ぎると糖尿病になる?

果物には糖質が多く含まれており、デンプンを構成するブドウ糖、砂糖の成分でもあるショ糖、果物に多く含まれる果糖に分けられます。

ブドウ糖やショ糖は体内に入ると血糖値を上げてしまい、血糖値が上昇するのを抑えるため膵臓からインスリンが分泌されます。

インスリンが分泌されると脂肪へと合成され、体内に蓄積される原因となります。

 

果物を食べ過ぎたからと言って直接糖尿病の原因になるとは考えられませんが、果糖の過剰な摂取は肥満になりやすく注意が必要です。

食べ過ぎには注意が必要ということで、これは果物に限らずお菓子でもビール、ごはんでも同じことが言えるでしょう!

果物の上手な摂り方を教えて!

果物はビタミン、ミネラル、食物繊維などの栄養素が豊富に含まれていて、健康的な食べ物ではありますが、食べ過ぎてはいけないので、摂り方にはコツがあります。

 
じつは果物はそれだけを空腹の時に食べると効果があります!
 

果物の果糖は太ると思われがちですが、そんなことはありません。

空腹時に摂取した果糖はすぐにエネルギーに変るので燃焼も早いです。

果物は水分やビタミン、酵素なども豊富に含まれていて、内臓にも負担をかけない食べ物です。

果物を食べた後は、40分程時間をあけてから他の物を食べるようにすると良いでしょう!

摂取する量は1日200g程度がベストと言われており、カロリーで示すと80kcalになります。

 

 

バナナであれば1本程度、

みかんであれば2個、

りんごは半分、

ブドウは10粒〜15粒、

キウイは2個、

なしは半分、

桃は1個、

グレープフルーツは3/4、

いちごは15粒、

柿は1個

 

 

 

程度の量ですので参考にしてみて下さい。

これ以上食べるのは注意と思って頂けたら目安になると思います!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です