ご香典、ご仏前、ご霊前はどう違うの?マナーの違いある?

SPONSORED LINK

大切な人や、知り合いが亡くなってしまった。葬儀に参列したいけど、香典や仏前などよく分からなくてどっちが良いのか迷ってしまうことってありますよね。

私もよく迷ってしまうタイプです。

そんな時のマナーについて違いがあるのか、供え方などご紹介いたします。

スポンサードリンク

ご香典とご霊前とご仏前の違いは?

49日の前まではご霊前、49日後はご仏前となります。

これが一般的な考え方です。

ただし宗派によって違いがあり、

浄土真宗などは亡くなるとすべての霊が成仏して仏様になると考えられており、49日前でもご仏前となります。

 

分からない際には、ご香典と書いて備えることば一番です。

香典はどの宗派でも49日以前でも間違えはありません

ただもし間違えがあったとしても、だれも教えてくれるものではありませんし、受け取られないなんてこともありません。

 

こちらの動画をご覧下さい↓

お香典の表書きと渡し方


ご香典の供え方に違い方はある?

ご香典を供える時には、表書きが自分から読める方向にして供えます。

大きなお葬式で受付がある場合には、受付で係の人に渡します。

その際には表書きは相手の方向に向けて差し出して下さい。

 

また通夜や告別式など出席できない場合には現金書留でご香典を郵送する場合もあります。

この場合には、現金を香典袋に入れてから、現金書留の封筒に入れて下さい。

その際に、出席できない理由と、故人への手紙を添えたりすると良いでしょう!

 

忘れがちになりますが、香典には自分の住所と氏名、金額をはっきりと書いておくようにして下さい。

後から遺族の方が整理しますので、とても大切なことです。

香典の金額は故人にお世話になった度合いや関係などによってそれぞれ違います。

 

 

家族の両親であれば10万円、兄弟は5万円、親族の場合には1万円。

職場の同僚や上司、近所の方などは5千円

 

 

といった具合でしょう。

スポンサードリンク

49日の前と後で違う?

人は亡くなると霊になると考えられています。

霊はとても不安定なもので、通夜を行ってお守りします。

その為に線香を絶やさずに付き添うと言われています。

 

そして49日には成仏して仏様になります。

 

49日を法要、この日に成仏するので49日に納骨される方も多いです。

ですから、

49日前をご霊前、49日以降をご仏前と呼ぶようになっています。

ただ宗派ごとに違いがありますので、もう一度おさらいしておきましょう。

 

 仏式の場合:ご霊前、ご香典、ご仏前

 神式の場合:ご霊前、お玉串料、ご神前

 キリスト式の場合:ご霊前、お花料、献花料

 無宗教式の場合:ご霊前

 

 

宗派によって考え方や書き方に違いがあるので、しっかりと確認して間違えないようにしたいものですね。

まとめ

香典を渡す際には、お悔やみの言葉を添えることが基本です。

「このたびは、誠にご愁傷様です」などと一言添えるようにして下さい。

 

また悲しみのあまり言葉もでない方もおられるようですが、その場合には一礼のみをしてお渡ししてください。

いずれにしろ亡くなった方へのお悔やみの気持ちを示すことが大切です。

 

また新札を包まれる方がおられますが、結婚式ではありませんので、新札などは1度折ってから包むようにするのがマナーです。

香典に新札を使用しないというのは、新札は手に入りづらいというイメージから、新札を使うと待っていたという意味を示すことになってしまうようです。

そんな名残から新札を使わないようになっています。

年配の方には気にされる方も多いと言われます。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です