加齢臭の洗濯には重曹が効果的 その活用法をご紹介

SPONSORED LINK

30代半ばから出てくる人も多い、加齢臭に注意をしておいて下さい。知らず知らずのあいだにアナタにも迫ってきているかもしれません。

気付いた時には手遅れなんてことにならないようにして下さいね!

 

ここでは加齢臭をどうやったら防ぐことができるのか?

臭いを防ぐのに効果的と言われている「重曹」を取り上げて活用方法をご紹介いたします!

スポンサードリンク

どうして加齢臭はなかなか落ちない?

なかなか落ちない加齢臭には困ってしまいますよね!

洗っても洗ってもまだ臭うなんてこともよくある筈です。

衣類などに付いたニオイを一気に落とす方法があればいいなと思っている方も多いと思います。

実際に同じ場所においておくだけで、臭いは移ってしまうこともあります。

 

加齢臭にはノネナールという物質に原因があります。

ノネナールは油でできている、いわゆる油性の物なので洗濯機を使っても落ちるものではありません。

ノネナールは放っておくと、細菌が繁殖してさらに臭いが強くなってきます。

そのままにしておくと,もう臭いが落ちなくなってきますので、できるだけ早くに取り除いておくことが大切です。

 

一般の洗剤は水性であり、油汚れまで落とすことができるものは少ないです。

加齢臭を落とす為には、脂質分解酵素が入っている洗剤を選ぶ必要があります。

 

こちらの動画もご覧下さい↓

もう耐えられない!!加齢臭対策:洗濯物をどうするか?


重曹を使用して洗濯する方法

実は脂質分解酵素はが入っている洗剤の他にも、加齢臭に効果がある成分があります。

それはカテキンや重曹、ポリフェノール、ミョウバンなどです。

なかなか取り扱いづらいものでもありますが、その中でもスーパーなどで手軽に購入することができる。

重曹を使用した洗濯をオススメします!

 

重曹には消臭効果が高くあり、加齢臭も抑えてくれる優れものです。

 

 

作り方

まずは200mlの水に重曹を小さじ1杯入れてかき混ぜます。

それを洗濯したい衣類にかけて30分ほど浸け置きしておきます。

後は普通に洗濯機に洗剤を入れて洗濯をするだけです!

 

 

とっても簡単ですね。臭いがとれない場合や衣類が多い場合には重曹の量を調節して見て下さい。

 

また熱に強い繊維の物でしたら、熱湯で洗う方法があります。

洗うというより消毒に近いイメージですね。

鍋の中に水と重曹を入れて沸かし、小さな衣類や布製品であれば一緒に煮てしまっても大丈夫です。

そして煮たたったものを、洗いたい部分にかけます。

熱と重曹の力でしみ込んだ脂分が溶けて、雑菌も除去されます。

こうすることで臭いを除去することができますので、ぜひ行ってみて下さい!

スポンサードリンク

重曹を扱う時の注意点!

重曹を扱う際には工業用の重曹を使うようにして下さい。

食用の重曹や医療用の重曹などは効果があまりありませんので、間違えないようにして下さいね!

 

また重曹は強い刺激がありますので、肌が敏感な人にとっては痒くなったり、荒れる原因となります。

洗濯をする際には、必ずビニール手袋などを使用することをオススメします!

 

また重曹の箱は一見するとお菓子の箱などに見えてしまうことがありますので、

小さなお子さんの手が届く場所に置いたままにしないで下さい。

万が一、食べてしまうことがあっては大変ですので、気を付けてくださいね!

日頃の食事で内面からケアする

加齢臭は体質から改善させることも1つの効果的な方法です。

運動不足は不規則な生活などによっても加齢臭は出てきてしまうもので、日々の生活を見直してみることが重要になってきます。

加齢臭に対するケアは内面から行うと良いです。

 

ようは臭いがでない体質づくりですね!

 

それには日頃の食生活はとても大切なもので、偏食が多かったり、不規則な時間に数回食事をするのもNGです。

しっかりとしたリズムで毎日の食生活を整えることで臭いを激減させることができます。

 

食事の中でも、動物性脂肪が多く含まれているものは要注意です。

油っこい揚げ物や、肉類、ラーメン、スナック菓子なども食べる量を少なめにするなどすると良いでしょう。

動物性脂肪は皮脂腺を活発化させて体臭を強くしてしまいます。

抗酸化力の高いビタミンやポリフェノールなどを摂ると良いです。

野菜やお茶が効果的ということですね!

 

またストレスを貯めないようにして、適度な運動を心がけることも大切ですので、休日には汗をかいてリフレッシュするとより良いでしょう!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です